Remote Engine Gen2のコンテナー - Cloud

Talend Remote Engine Gen2クイックスタートガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Pipeline Designer

Remote Engine Gen2にはDockerコンテナーが付属しています。

  • remote-engine-agent

    エンジンとTalend Cloudサービス間のセキュア接続を初期化し、監視します。エンジンのペアリング時に使用されます。

  • remote-engine-client

    エンジンとTalend Cloudサービス間に双方向接続を確立します。

  • connectors

    接続やデータセットの作成、およびパイプラインの設計で必要となるコンポーネントのメタデータとランタイムサポートを提供します。

  • livy

    パイプラインやプレパレーションの実行ライフサイクルを管理します。

  • data-streams-ee-previewrunner

    パイプラインのライブプレビューを計算します。

  • component-server

    プロセッサー、データセット、接続の開発方法を集中管理します。

  • component-server-vault-proxy

    component-serverのコンテナー解読をサポートするプロキシです。