Remote Engine Gen2でのカスタムコネクターやカスタムプロセッサーの作成とデプロイ - Cloud

Talend Remote Engine Gen2クイックスタートガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Pipeline Designer

Talend Cloud Pipeline Designerにはすぐに使えるコネクターやプロセッサーが多数搭載されており、それを使ってカスタムのコネクターやプロセッサーを作成することもできます。

コネクター(ソース/デスティネーション)やプロセッサーが関与するかどうかにかかわらず、組み込みのコネクターが自分のユースケースに対応していない場合は、Talend Component Kitを使って自分のコネクターやプロセッサーを開発し、Talend Cloud Pipeline Designerにデプロイして使用できます。