Docker for Windowsを使用してエンジンを起動するときのエラー - Cloud

Talend Remote Engine Gen2クイックスタートガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Pipeline Designer

Docker for Windowsを使用してRemote Engine Gen2を起動するときに、ボリュームのマウントに関するエラーが発生する場合があります。この種のエラーについては、この Microsoftブログ記事を参照してください。

Docker for Windowsの共有ドライブに発生する問題

DockerにはDockerアプリケーションボリュームに書き込みを行う権限がない場合があります。

トラブルシューティング

手順

  1. Dockerを開きます。
  2. [Settings] (設定) > [Shared Drives] (共有ドライブ)の順に選択します。
  3. Windowsのクレデンシャルを使用して、Remote Engine Gen2がインストールされているドライブを共有します。

認証エラー

Windowsセッションのパスワードを最近変更した場合は、Remote Engine Gen2を再起動すると設定が失われるおそれがあります。これは、Docker for Windowsがドライブの再マウントを試みるときに、クレデンシャルを再検証できないためです。

Remote Engine Gen2側で、docker-compose.ymlの置かれているフォルダーにconfig.jsonファイルがあるにもかかわらず、remote-engine-agent Dockerサービスのログに表示される可能性のある関連するエラーは、次のとおりです:
Pair key file has not been found or is empty

トラブルシューティング

手順

  1. Dockerを開きます。
  2. [Settings] (設定) > [Shared Drives] (共有ドライブ)の順に選択します。
  3. [Reset credentials] (クレデンシャルのリセット)をクリックし、新しいWindowsクレデンシャルを入力して、共有ドライブに適用します。

[Mount denied] (マウント拒否)エラー

次のエラーが発生する場合:
ERROR: for autoheal  Cannot create container for service autoheal: b'Mount denied:\nThe source path "\\\\var\\\\run\\\\docker.sock:/var/run/docker.sock"\nis not a valid Windows path'

ERROR: for remote-engine-agent  Cannot create container for service remote-engine-agent: b'Mount denied:\nThe source path "\\\\var\\\\run\\\\docker.sock:/var/run/docker.sock"\nis not a valid Windows path'
ERROR: Encountered errors while bringing up the project.

ボリュームを正しくマウントするには、Docker for Windowsに環境変数COMPOSE_CONVERT_WINDOWS_PATHSを設定しなければならない場合があります。

トラブルシューティング

手順

  1. エンジンを起動する前に、PowerShellで次のコマンドを実行します:
    $Env:COMPOSE_CONVERT_WINDOWS_PATHS=1
  2. Docker for Windowsを再起動します。
  3. Remote Engine Gen2を再起動します。