コネクターイメージの構築 - Cloud

Talend Remote Engine Gen2クイックスタートガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Pipeline Designer

connectorsのDockerイメージを新しく構築するには、remote-engine-customizerツールを使う必要があります。

このツールはdocker-compose.ymlファイルを読み取り、connectorsイメージを抽出して、設定されたコネクター/プロセッサーをそのイメージに追加して再構築します。デフォルトでは、新しく構築したイメージで元のイメージを置き換え、古いイメージファイルをRemote Engine Gen2.remote_engine_customizer/backup/ディレクトリーに保存します。

このツールの詳細は、docker run tacokit/remote-engine-customizer:${version} helpというコマンドを実行すると表示されます。

手順

  1. 次のコマンドを使って最新のremote-engine-customizerイメージをプルします。
    docker pull tacokit/remote-engine-customizer
  2. 新しいコネクターイメージの構築に必要な変数を設定します。
    export remote_engine_folder=/opt/my-remote-engine            # The engine directory
    export component_path=/opt/dev/my-component                  # The path to your component code
    export car=custom-components-0.0.1-SNAPSHOT.car              # The name of your car package
  3. 新しいコネクターイメージを構築します。
    docker run \
       -v ${remote_engine_folder}:/opt/re \
       -v ${component_path}:/opt/exchange \
       -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock \
       tacokit/remote-engine-customizer:${version} \
       register-component-archive \
       --remote-engine-dir=/opt/re \
       --component-archive=/opt/exchange/target/${car}

タスクの結果

新しいコネクターイメージが構築され、イメージIDが表示されます。このイメージIDをクリップボードにコピーしておき、既存のコネクターイメージを更新する時に使用します。
コンソール出力の例は次のとおりです。e761f26e4adb:20191206151130452がイメージIDです。
docker run \
   -v /opt/my-remote-engine:/opt/re \
   -v /opt/dev/my-component:/opt/exchange \
   -v /var/run/docker.sock:/var/run/docker.sock \
   tacokit/remote-engine-customizer:1.1.15 \
   register-component-archive \
   --remote-engine-dir=/opt/re \
   --component-archive=/opt/exchange/target/custom-components-0.0.1-SNAPSHOT.car

[INFO] Building image 'e761f26e4adb:20191206151130452' from 'e761f26e4adb' adding [/opt/exchange/target/test-components-0.0.1-SNAPSHOT.car]
[INFO] Looking for component-registry.properties configuration, this can be a bit long...
[INFO] Building image 'e761f26e4adb:20191206151130452'
[INFO] Restart your remote engine to take into account the new connector image