Remote Engine Gen2のデフォルトポートを変更する - Cloud

Talend Remote Engine Gen2クイックスタートガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Pipeline Designer

デフォルトでは、Remote Engine Gen2はポート9005で実行されます。そのポートを別のアプリケーションで使用する必要がある場合は、エンジンアーカイブに提供されている.envファイル内でデフォルトポートを変更できます。

手順

  1. エンジンのインストールディレクトリーにある.envファイルを開きます。
  2. ERE_PORTパラメーターを見つけ、ポート値を編集します。
  3. 変更を保存してRemote Engine Gen2を再起動します。