Remote Engine Gen2を使用するときに問題をプレビュー - Cloud

Talend Remote Engine Gen2クイックスタートガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
インストールとアップグレード
デプロイメント > デプロイ中 > パイプラインの実行
EnrichPlatform
Talend Management Console
Talend Pipeline Designer

ローカルにインストールされたRemote Engine Gen2を使用している際にパイプラインのデータプレビュー表示で問題が発生し、プライベートVPCまたはCloudFormationで対応するログを表示したいと考えています。

トラブルシューティング

手順

  1. プレビューサービスに関連するログを表示するには、次のコマンドを実行します:
    docker-compose logs -f --tail 50 previewrunner 

    このコマンドによりプレビューサービスログの最後の50行が表示されます。

  2. オプション: Remote Engine Gen2のすべてのログを表示して印刷する場合は、次のコマンドを実行します:
    docker-compose logs --tail 100000 > my-engine-all-logs.txt

    このコマンドにより、.txtファイルの最後のログの10000行が転送されます。