同じ接続の異なるコンテキストの切り替え - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

同じデータベース接続またはファイル接続に複数のコンテキストを作成すると、接続からメニュー[Switch context] (コンテキストの切り替え)にアクセスできるようになります。このメニューを使用して、現在の分析を実行するためのコンテキストを選択できます。

前提条件:Studioの Profiling パースペクティブで1つの接続に複数のコンテキストが定義されていること。詳細は、同じ接続に対する複数のコンテキストの作成を参照して下さい。

同じデータベース接続またはファイル接続の複数のコンテキストを切り替えるには、以下のようにします:

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリー)ツリービューで、[Metadata] (メタデータ) > [DB connections] (DB接続)または[Metadata] (メタデータ) > [FileDelimited connections] (区切り記号つきファイル接続)の順に展開します。
  2. コンテキストとしてエクスポートされた接続を右クリックして、コンテキストメニューから[Switch context] (コンテキストの切り替え)を選択します。[Choose context] (コンテキストの選択)ダイアログボックスが表示されます。
  3. リストから現在の接続で設定するコンテキストを選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    接続エディターを更新するよう促す確認メッセージが表示されます。
  4. [OK]をクリックして、メッセージを閉じます。
    コンテキストは現在の選択に応じて変更されています。

タスクの結果

データ統合ジョブまたはデータクオリティ分析で使用するコンテキストおよび変数の一元管理の詳細は、データベースメタデータの一元管理を参照して下さい。