データベース接続またはそのエレメントにタスクを追加する - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

データベース接続にタスクを追加し、たとえば、接続を変更するリマインダーとして、または後で解決する必要のある問題にフラグを付けるためにそのタスクを使用できます。接続のカタログ、テーブル、またはカラムにタスクを追加することもできます。

前提条件: StudioのProfilingパースペクティブでデータベース接続が作成されていること。詳細は、データベースへの接続を参照して下さい。

データベース接続にタスクを追加するには、次の手順に従います。

手順

  1. [Metadata] (メタデータ) > [DB connections] (DB接続)の順に展開します。
  2. タスクを追加する接続を右クリックし、コンテキストメニューから[Add task...] (タスクの追加...)を選択します。
    [Properties] (プロパティ)ダイアログボックスが開き、選択した接続のメタデータが示されます。
  3. [Description] (説明)フィールドに、選択した接続に追加するタスクの簡単な説明を入力します。
  4. [Priority] (優先度)リストで優先度を選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    作成されたタスクは、[Tasks] (タスク)リストに追加されます。

タスクの結果

注:

上記と同じ手順により、接続のカタログ、テーブル、またはカラムにタスクを追加することができます。詳細は、データベース接続のカラムへのタスクの追加を参照して下さい。

タスクリストへのアクセス方法についての詳細は、タスクリストの表示を参照して下さい。