アイテムのエクスポート - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

複数のアイテムをリポジトリからディレクトリまたはアーカイブファイルにエクスポートできます。このため、DB接続またはドキュメンテーションのようなメタデータ情報を、たとえばジョブまたはビジネスモデル図一緒にエクスポートすることができます。

これを行うには、次の手順に従います。

手順

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで、エクスポートするアイテムを選択します。
  2. 同時に複数のアイテムを選択するには、Ctrlキーを押して適切なアイテムを選択します。
    警告:

    データベーステーブルのメタデータエントリをエクスポートする場合、関連するテーブルのみではなく、DB接続全体を選択します。そうしないと、エクスポートプロセスが正常に完了しません。

  3. Ctrlキーを押しながら右クリックし、ポップアップメニュー上の[Export items] (アイテムのエクスポート)を選択します。
    必要に応じて、ツリー上のアイテムを追加選択してエクスポートすることができます。
  4. [Browse] (参照)をクリックして、エクスポートアイテムを保存する場所まで移動します。または、選択した全アイテムのファイルを圧縮するアーカイブファイルを定義します。
    注:

    同じアイテムに複数のバージョンがある場合には、これらはすべてエクスポートされます。

    注:

    エクスポートするジョブと一緒にルーチンの依存性も設定してエクスポートする場合は、[Export Dependencies] (依存性のエクスポート)チェックボックスを選択します。デフォルトでは、すべてのユーザールーチンが選択されています。ルーチンの詳細は、ルーチンとはを参照して下さい。

  5. [Finish] (終了)をクリックしてダイアログボックスを閉じ、アイテムをエクスポートします。