システムインジケーターの複製 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

システムインジケーターを始めから作成する手間を省くため、インジケーターリストに存在するインジケーターを複製することができます。コピーが作成されたら、メタデータを変更して新しいインジケーターを作成し、データプロファイリング分析に使用することができます。

前提条件: Studioで Profiling パースペクティブを選択していること。

システムインジケーターを複製するには、以下のようにします:

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューで、[Libraries] (ライブラリ) > [Indicators] (インジケーター)の順に展開します。
  2. インジケーターリストから複製するインジケーターを見つけます。その名前を右クリックし、コンテキストメニューから[Duplicate] (複製)を選択します。
    インジケーターがユーザー定義のインジケーターとして複製され、[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューのUser Defined Indicators (ユーザー定義インジケーター)フォルダーの下にリストされます。

タスクの結果

複製された[Fraud Detection] (不正の検出)および[Soundex]インジケーターのインジケーターカテゴリは、[User Defined Frequency] (ユーザー定義頻度)です。したがって、複製されたこれらのインジケーターを使用する分析の結果セットには、2つのカラムが想定されます。他方、元のシステムインジケーターを使用する場合は4つのカラムが想定されます。

複製された[Fraud Detection] (不正検出)と[Soundex]インジケーターをデータプロファイリング分析で使用できるようにするには、インジケーターの定義を編集するか、インジケーターを新規に作成する必要があります。ユーザー定義インジケーターの編集については、ユーザー定義インジケーターの編集を参照して下さい。