トリガー接続にチェックポイントを設定する - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

ジョブデザインでコンポーネントの接続に使用する[OnSubjobOK]および[OnSubjobError]タイプの1つ以上のトリガー接続に"チェックポイント"を設定できます。これを設定すると、実行中に障害が発生したときに、エラー発生前の最後のチェックポイントからジョブの実行を回復できます。

そのため、デザインの中のチェックポイントは、ジョブ実行時の障害点の前後に配置する参照点として定義することができます。

注: [Error recovery] (エラーリカバリ)設定は、リモートプロジェクトでのみ編集できます。リモートプロジェクトを開く方法については、リモートプロジェクトを開くを参照してください。

ジョブのトリガー接続のチェックポイントを定義するには、次の手順に従います。

手順

  1. ジョブをデザインした後、デザインワークスペースで、チェックポイントとして設定するトリガー接続をクリックします。
    選択したトリガー接続の[Basic settings] (基本設定)ビューが表示されます。
  2. 左下の[Error recovery] (エラーリカバリ)タブをクリックして、[Error recovery] (エラーリカバリ)ビューを表示します。
  3. [Recovery Checkpoint] (回復チェックポイント)チェックボックスをオンにして、選択したトリガー接続をジョブデータフローのチェックチェックポイントとして定義します。選択したトリガー接続にアイコンが付加されます。
  4. [Label] (ラベル)フィールドに、定義するチェックポイントの名前を入力します。この名前は、Talend Administration Center[Recovery checkpoints] (リカバリチェックポイント)ビューの[Label] (ラベル)カラムに表示されます。詳細は、『 Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照して下さい。
  5. [Failure Instructions] (エラー発生時の指示)フィールドに、問題についての説明や思い当たる障害の理由などを自由な形式で入力します。指示は、Talend Administration Center[Recovery checkpoints] (回復チェックポイント)ビューの[Failure Instructions] (障害指示)カラムに表示されます。詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照して下さい。
  6. ジョブを保存してから閉じるか、または定義したプロパティが反映されるようにジョブを実行します。

タスクの結果

後で、デザインしたジョブの実行時に障害が発生すると、Talend Administration Center[Error Recovery Management] (エラー回復管理)ページで、障害の直前の最後のチェックポイントからこのジョブの実行を回復することができます。

詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』の「ジョブ実行の回復」の章を参照して下さい。