テーブルスキーマの取得 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio
警告: Talend Administration Center[Manual lock] (手動ロック)オプションが選択された状態で、SVNまたはGit管理プロジェクトの作業を行っている場合は、接続のテーブルスキーマを取得または更新する前に、必ず、[Repository] (リポジトリ)ツリービューで接続を手動でロックして下さい。ロックしないと、接続が読み取り専用となり、ウィザードの[Finish] (終了)ボタンが機能しなくなります。プロジェクトアイテムのロックおよびロック解除と、さまざまなロックタイプの詳細は、プロジェクトアイテムでの共同作業を参照してください。

セットアップしたデータベース接続からテーブルスキーマを取得するには、[Repository] (リポジトリ)ツリービューで接続アイテムを右クリックし、コンテキストメニューから[Retrieve Schema] (スキーマ情報の取得)を選択します。

注:

選択されたデータベースに取得するテーブルがない場合、またはこのデータベースにアクセスするのに必要な権限がない場合はエラーメッセージが表示されます。

新しいウィザードが開き、テーブル、ビュー、シノニム(Oracle、IBM DB2、MSSQL)や計算ビュー(SAP HANAのみ)など、さまざまなデータベースオブジェクトを検索するためのフィルターを指定することができます。