参照プロジェクトでのデータクオリティアイテムへのアクセス - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

メインプロジェクトと参照プロジェクトの接続が確立したら、Talend Studioでメインプロジェクトを開くと参照プロジェクトから全てのアイテムを表示し、共有することができます。

それらは、[Job Design]フォルダーの一部として、または[Referenced Project]という別のフォルダーとして表示することができます。後者は独自の階層ツリーを持ちます。

接続、パターン、インジケーター、ルールを含め、参照プロジェクトから任意のアイテムを共有することができます。

Studioでdq_projectを作成し、そこに別のプロジェクトref_dq_projectで作成したパターンを使用すると仮定します。

始める前に

メインおよび参照プロジェクトに対する読み書き権限があります。詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照して下さい。

手順

  1. リモート接続とTalend Administration CenterのURLを使用して、Studioを起動します。
  2. メインプロジェクトを開きます。
    デフォルトでは、参照プロジェクトのすべてのアイテムが、先頭に@記号が付いた別の参照プロジェクトとしてリポジトリーツリービュー内に表示され、読み取り専用になります。
  3. ツールバーの アイコンをクリックして、両方のプロジェクトをツリービュー内でマージします。
    参照プロジェクトのアイテムは利用できないように見えますが、メインプロジェクトのアイテムと区別するため、参照プロジェクトの名前が後に付けられています。
    2つの表示モードの間で切り替えを行うには、 アイコンを使用します。