ジョブレットとは - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

ジョブレットは、ジョブコンポーネントグループに取って代わる特定のコンポーネントです。反復処理や複雑な変換手順を解析し、複雑なジョブの読み取りを容易にします。ジョブレットは、異なるジョブで、または同じジョブで複数回再利用できます。

ランタイムに、ジョブレットコードはジョブコード自体に統合されます。個別のコードは生成されず、同じJavaクラスが使用されます。

このため、ジョブレットの使用はパフォーマンス面に悪影響が及ぶことはありません。ジョブにジョブレットが含まれているか、サブジョブ全体が直接含まれているかに関係なく、実行時間は変わりません。

さらに、ジョブ統計と実行エラーまたは警告全体を記録し監視することを目的とする場合は、ログコンポーネント(tLogCatchertStatCatchertFlowCatcherなど)を追加する必要なく、ジョブに含まれるジョブレットが監視されます。

ジョブレットは、緑色の背景で点線の正方形で囲まれているため、容易に特定できます。

この特定のコンポーネントは、ジョブ内の他の通常のコンポーネントと同様に使用できます。ジョブをデザインする方法の詳細は、ジョブデザインとは?を参照して下さい。

SparkジョブはSparkジョブレットのみを、標準ジョブは標準ジョブレットのみをサポートします。

tRunJobコンポーネントとは異なり、ジョブレットコードはランタイムに自動的にジョブコードに組み込まれるため、より少ないリソースが使用されます。ジョブ自体と同じコンテキスト変数を使用するため、ジョブレットは管理がより簡単です。

コンポーネントのグループを標準ジョブとして使用するために、tRunJobコンポーネントを使用できます。ジョブレットと異なり、tRunJobには専用のコンテキスト変数があります。tRunJobコンポーネントについては、tRunJobを参照して下さい。