正規表現またはSQLパターンをcsvファイルからインポートする - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

前提条件: StudioのProfilingパースペクティブを選択していること。csvファイルがローカルに保存されていること。

正規表現をcsvファイルからインポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリ) ツリービューで、[Libraries] (ライブラリ) > [Patterns] (パターン)の順に展開します。
  2. [Regex]を右クリックし[Import Patterns] (パターンのインポート)を選択します。
    [Import Patterns] (パターンのインポート)ウィザードが開きます。
  3. 正規表現が保存されているcsvファイルを参照します。
  4. [Duplicate patterns handling] (重複パターンの処理)エリアで、次を選択します。

    オプション

    目的

    [skip existing patterns] (既存のパターンをスキップ)

    [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの対応するリストに存在しない正規表現のみをインポートする。[Patterns] (パターン)フォルダーにインポートされたパターンが既に存在する場合は警告メッセージが表示されます。

    [rename new patterns with suffix] (新しいパターンをサフィックスで改名する)

    インポートされた各正規表現をサフィックスで識別する。[Patterns] (パターン)フォルダーに既に存在する場合でもすべての正規表現をインポートします。

  5. [Finish] (終了)をクリックします。
    確認のメッセージが表示されます。
  6. [OK]をクリックします。
    インポートされた正規表現はすべて[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューのRegexフォルダーの下にリストされます。

タスクの結果

これらの正規表現は元のリポジトリのときと同じフォルダーまたはサブフォルダーの中にインポートされます。

注: ツリービューで、インポートされた正規表現またはSQLパターン名の横に警告アイコンが表示される場合、それが正しくないことを表しています。正規表現またはパターンを開いて、正しくない原因を確認する必要があります。多くの場合、引用符の欠如が原因となっています。正規表現およびSQLパターンを見直して、一重引用符で囲まれていることを確認して下さい。