ジョブの比較 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Talend Studioは、[Compare Job] (ジョブの比較)オプションを提供し、2つのジョブで使用されるアイテムの差分を表示して、同じまたは異なるブランチ上のジョブを比較できるようにしています。このオプションを使うと次のことができます:

  • 同じジョブの異なるバージョンの比較。

  • Studioの異なるリリース内の同じジョブの比較。たとえば、以前または現在のジョブに対して変更が加えられたかどうかを確認するために行います。

  • 同じテンプレートの異なるパラメーターを使ってデザインされたジョブの比較。ジョブの差分をチェックします。

比較したジョブの差分は、[Compare Result] (比較結果)ビューに表示されます。結果の詳細は、[Jobsettings] (ジョブ設定)[Components] (コンポーネント)[Connectors] (コネクター)という3つのカテゴリの下にグループ化されます。

次の表では、上記のカテゴリの比較結果について説明しています。

カテゴリ

説明

[Jobsettings] (ジョブ設定)

比較したジョブの設定についてすべての差分をリストします。

コンポーネント

2つのジョブで使用するコンポーネントおよびコンポーネントパラメーターの差分をリストします。[Compare Result] (比較結果)ビューにリストされるコンポーネントの上に表示されるマイナス記号は、2つの比較ジョブの1つのデザインに、このコンポーネントが不足していることを示しています。ビューにリストされているコンポーネントの上に表示されるプラス記号は、2つの比較ジョブの1つに、このコンポーネントが追加されていることを示しています。コンポーネントパラメーターのすべての差分は、対応するコンポーネントの下に表示される表にリストされます。

[Connectors] (コネクタ)

2つのジョブのコンポーネントを接続するために使用されているすべてのリンクの差分をリストします。

同じジョブの2つの異なるバージョンの比較は、2つのジョブを比較するのと同じ手順で行えます。

同じジョブの異なるバージョンを比較するには、次の手順を完了します。

手順

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで、同じジョブの別のバージョンと比較するジョブバージョンを右クリックし、コンテキストメニューから[Compare Job] (ジョブの比較)を選択します。
    [Compare Result] (比較結果)ビューは、Studioワークスペースに表示されます。デフォルトでは、選択したジョブ名およびバージョンが対応するフィールドに表示されます。
  2. ジョブの現在のバージョンに対して比較する他のバージョンが別のブランチにある場合には、[Another Branch] (他のブランチ)リストからブランチを選択します。
  3. [Another Branch] (他のブランチ)フィールドの横の[...]ボタンをクリックして、[Select a Job/Joblet] (ジョブ/ジョブレットの選択)ダイアログボックスを選択します。
  4. [Name Filter] (名前フィルター)フィールドに、比較で使用するジョブまたはジョブレットの名前を入力します。このダイアログボックスでは検索対象のジョブまたはジョブレットが返されます。
  5. ダイアログボックスのリストから返されたジョブまたはジョブレットを選択し、[OK]をクリックします。
  6. [Current version] (現在のバージョン)および[Another version] (別のバージョン)のリストから、比較するジョブバージョンを選択します。
  7. ボタンをクリックして、比較操作を開始します。
    ジョブで比較する2つのバージョンがデザインワークスペースに表示されます。
    2つのバージョンの差分は、[Compare Result] (結果の比較)ビューにリストされます。

タスクの結果

この例では、2つのジョブバージョンの差分は、コンポーネントおよびリンク(コネクタ)に関連しています。次の2つの図は、2つのバージョンで使用されているコンポーネントの差分を示します。

たとえば、tMapおよびtFileOutputXMLコンポーネントで使用される出力スキーマに違いが1つあります: Revenueカラムの長さは、ジョブの2番目のバージョンでは15で、同じジョブの最初のバージョンでは11となっています。tMysqlOutputの上に表示されているマイナス記号は、比較された2つのジョブのうち1つのデザインにこのコンポーネントが不足していることを示します。tOracleOutputの上に表示されているプラス記号は、比較された2つのジョブのうち1つのデザインにこのコンポーネントが追加されていることを示します。

注: [Compare Result] (結果の比較)ビューにリストされるコンポーネントをクリックすると、デザインワークスペースのオープンジョブの中から自動的にコンポーネントが選択され、識別されます。

次の図は、同じジョブの2つのバージョンについて、コンポーネントを接続するリンクの差分を示しています。

このサンプルでは、2つのバージョンで使用される[reject] (リジェクト)リンクに関して違いが1つあります。最初のバージョンのリンクのターゲットはtMysqlOutputコンポーネントですが、2番目のバージョンではtOracleOutputコンポーネントとなっています。

注: [Export to html] (HTMLにエクスポート)をクリックすると、ジョブの比較結果をHTMLにエクスポートできます。次にファイルを保存するディレクトリに移動して、ファイル名を入力します。デフォルトのCSSテンプレートまたはカスタマイズしたCSSテンプレートを使用できます。エクスポート先フォルダーには、HTMLファイル、CSSファイル、XMLファイル、およびピクチャフォルダーが含まれます。関連項目は影響分析/データ来歴の結果をHTMLにエクスポートするを参照して下さい。