DataQualityルーチン - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

DataQualityルーチンは、データを解析しクレンジングするコードの部分です。その後、 Talend ジョブ内のデータクオリティコンポーネントの設定で、それらを使用できます。

これらのルーチンにアクセスするには、次の手順に従います。

手順

Studioの[Repository] (リポジトリー)ツリービューで、[Code] (コード) > [Routines] (ルーチン) > [System] (システム)を展開し、[DataQuality] (データ品質)をダブルクリックします。

タスクの結果

次の表で、これらのルーチンについて説明しています。

ルーチン

説明

構文

getTitle

提供された役職のリストに基づいて抽出された役職を返します。

DataQuality.getTitle

getNameWithoutTitle

役職なしの文字列を返します。

DataQuality.getNameWithoutTitle

getNameWithoutSuffix

接尾辞なしの文字列を返します。

DataQuality.getNameWithoutSuffix

getLastName

文字列のの値のみを返します。

DataQuality.getLastName

getCleansedLastName

役職と接尾辞なしの文字列を返します。

DataQuality.getCleansedLastName

isValidName

文字列が次の形式化された名前に対して有効な場合はtrueを、無効な場合はfalseを返します: [イニシャル]名[イニシャル]姓。

DataQuality.isValidName