参照シート - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

Studioを初めて開くと、デフォルトでProfilingパースペクティブに参照シートビューが表示されます。

StudioのProfilingパースペクティブの参照シートビューを閉じると、このパースペクティブに切り替えたときに常に非表示になるため、手動で開く必要があります。

参照シートを表示するには

  1. 次のいずれかの手順に従います。

    • Alt+Shift+Qキーを押し、Hキーを押します。または、

    • メニューバーから[Window] (ウィンドウ) > [Show View] (ビューの表示)を選択します。

    [Show View] (ビューの表示)ダイアログボックスが開きます。
  2. [Help] (ヘルプ)フォルダーを展開して、[Cheat Sheets] (参照シート)を選択します。

  3. [OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

または

  1. メニューバーで、[Help] (ヘルプ) > [Cheat Sheets] (参照シート)の順に選択します。[Cheat Sheet Selection] (参照シートの選択)ダイアログボックスが開きます。

    Alt+Hショートカットキーを押して[Help] (ヘルプ)メニューを開き、[Cheat Sheets] (参照シート)を選択することもできます。

  2. Talendの[Cheat Sheets] (参照シート)フォルダーを展開してStudioで開く参照シートを選択し、[OK]をクリックします。

    Studioのメインウィンドウに選択した参照シートが開きます。ローカルツールバーのアイコンを使用して、参照シートの表示を管理できます。