特定のコンポーネントの設定を変更する方法(Talend > Components) - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

デフォルトのマッピングリンク表示など、特定のコンポーネントの設定を変更できます。

次の手順は外部コンポーネントおよびStudioに含まれるコンポーネントに該当します。ユーザーコンポーネントに特有の環境設定は、ユーザーコンポーネントフォルダーを定義する方法(Talend > Components)を参照して下さい。

特定のコンポーネント設定を変更するには、以下のようにします:

手順

  1. [Preferences] (環境設定)ダイアログボックスのツリービューで、[Talend]ノードを展開し、[Components] (コンポーネント)を選択します。
  2. [Row limit] (行数制限)フィールドに、データビューアで表示する行数を入力します。データビューアの詳細は、処理中データを表示するを参照して下さい。
  3. [Default mapping links display as] (デフォルトのマッピングリンク表示タイプ)リストから、tMapで使用するマッピングリンクのタイプを選択します。
  4. tRunJobコンポーネントをダブルクリックしたときに、該当するジョブが開かないようにするには、tRunJobの下のチェックボックスを選択します。
    注: 上記のオプションを選択しても、該当するジョブは、tRunJobコンポーネントを右クリックして、[Open tRunJob Component] (tRunJobコンポーネントを開く)を選択することで開くことができます。
  5. ジョブレットコンポーネントをダブルクリックしたときに、該当するジョブが開かないようにするには、[Joblet] (ジョブレット)の下のチェックボックスを選択します。
    注: 上記のオプションを選択しても、該当するジョブは、ジョブレットコンポーネントを右クリックして、[Open Joblet Component] (ジョブレットコンポーネントを開く)を選択することで開くことができます。
  6. デザインワークスペースで名前を入力してコンポーネントを追加できるようにする場合、[Component Assist] (コンポーネントアシスト)の下で[Enable Component Creation Assistant] (コンポーネント作成アシスタントを有効にする)チェックボックスを選択します。詳細は、ジョブへのコンポーネントの追加を参照して下さい。
  7. [Apply] (適用)をクリックして、[OK]をクリックし、環境設定を有効にしてダイアログボックスを閉じます。

タスクの結果

この設定はワークスペースのメタデータに保存されます。Talend Studioのワークスペースが変更になると、この設定をもう一度行う必要があります。