統計およびログの使用を自動化する - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

データフローのログ、統計、およびその他の測定の必要性が高い場合、ジョブデザインをロードする多数のログ関係のコンポーネントが必要になるという問題に直面します。[Stats & Logs] (統計&ログ)タブでジョブのコンポーネントを使用せずに、tFlowMeterCatchertStatCatchertLogCatcherコンポーネントの使用を自動化することができます。

[Stats & Logs] (統計&ログ)パネルは、デザインワークスペースの下の[Job] (ジョブ)タブにあり、コンポーネントがジョブデザインと重ならないようになっています。

注:

この設定により、ログ関連コンポーネントは一般的なログ設定に置き換えられます。

[Stats & Logs] (統計&ログ)プロパティを設定するには、次の手順に従います。

手順

  1. [Job] (ジョブ)タブをクリックします。
  2. [Stats & Logs] (統計&ログ)パネルを選択して、設定ビューを表示します。
  3. 目的の出力(コンソール、ファイル、またはデータベース)に応じて、関連する詳細を設定します。
  4. 必要に応じて、関連の[Catch] (キャッチ)チェックボックスをオンにします。

タスクの結果

注:

ボタンをクリックすると、プロジェクト設定に設定を保存できます。この設定にアクセスするには、[File] (ファイル) > [Edit project settings] (プロジェクト設定の編集) > [Job settings] (ジョブ設定) > [Stats & Logs] (統計&ログ)、またはツールバーのボタンを使用します。

ジョブに[Stats & Logs] (統計およびログ)機能を使用する場合、全てのサブジョブに適用できます。

この場合、[Job] (ジョブ)ビューの[Stats & Logs] (統計およびログ)パネルにある[Apply to subjobs] (サブジョブに適用)ボタンをクリックすると、メインジョブで選択した統計およびログ機能が全てのサブジョブでも選択されます。