ドラッグ&ドロップ - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. 入力コンポーネントをクリックします(この例では、tFileInputDelimited)。
  2. Oアイコンが表示されたら、クリックしてカーソルをデスティネーションコンポーネント(この例ではtLogRow)にドラッグします。
    2つのコンポーネントの間に[Row] (行)> [Main] (メイン)接続が自動的に作成されます。
    このメソッドでは操作手順が少なくて済みますが、接続先のコンポーネントの特質およびロールにより、使用できるタイプが以下の[Row] (行)接続に限られます: [Main] (メイン)、[Lookup] (ルックアップ)、[Output] (出力)、[Filter] (フィルター)、[Reject] (リジェクト)。