遠隔データベースの移行 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

遠隔データベースのセットアップで説明されているようにStudioの[Preferences] (環境設定)ウィンドウで遠隔データベースが定義されている場合を除き、Studioはデフォルトでレポートと分析を内蔵のHSQLデータベースに保存します。

購入したばかりのStudioを初めて起動すると、Studioの[Preferences] (環境設定)ウィンドウのデータベース設定では必ずHSQLが参照されています。新しいStudioに遠隔データベースを定義した後で古いバージョンからレポートやプロジェクトをインポートする場合、現在のStudioからレポートを生成して定義されたデータベースに保存できるよう遠隔データベースを移行する必要はありません。

しかし、新しいStudioの[Preferences] (環境設定)ウィンドウに遠隔データベースを設定する前に旧バージョンのStudioからレポートやプロジェクトをインポートする場合は、レポートを生成して定義されたデータベースに保存できるようにするため、このセクションで説明する手順に従って遠隔データベースを移行させる必要があります。遠隔データベースのバージョンはStudioのバージョンと必ず一致している必要があります。

前提条件: データプロファイリングアイテムまたはプロジェクトのインポートの説明に従って、旧バージョンのStudioプロジェクトやレポートが既に移行されていること。

[Preferences] (環境設定)ウィンドウから遠隔データベースを移行させるには、次の手順に従います。

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)の順に選択し、[Preferences] (環境設定)ウィンドウを開きます。

  2. [Talend] > [Profiling] (プロファイリング)の順に展開し、[Reporting] (レポート)を選択して、[Reporting] (レポート)ページを開きます。

  3. 遠隔データベースのセットアップの説明に従って遠隔データベースの接続情報を設定し、[Apply] (適用)をクリックします。

    データベースを移行するように求める警告メッセージが表示されます。

    注: [Preferences] (環境設定)ウィンドウの[Apply to report editors...] (レポートエディターに適用...)ボタンをクリックした場合、一括データベースアップグレードを一連のレポートに対して実行することはできますが、すべてには実行できません。詳細は、一連のレポートのデータベースの移行を参照して下さい。
  4. [OK]をクリックしてデータベースの移行を確認し、警告メッセージを閉じます。

    オペレーションの進行状況を表す情報バーが表示され、続いてデータベースのアップグレードを確認するメッセージが表示されます。

  5. [OK]をクリックして、確認メッセージと[Preferences] (環境設定)ウィンドウを閉じます。

  6. [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの[DB Connections] (DB接続)ノードの中から、定義したMySQLまたはOracle接続を右クリックし、[Reload database list] (データベースリストのリロード)を選択します。

    これにより、[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの接続リストに新しく作成されたデータベースが表示されます。レポートエディターで各レポートに異なるデータベースが定義されている場合を除き、現在のStudioで生成された全てのレポートはこのデータベースに保存されます。

レポートエディターから個別のレポートのデータベースを移行させるには、次の手順に従います。

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューで[Reports] (レポート)を展開し、移行させるデータベースが設定されているレポートをダブルクリックします。

  2. エディターの下部および[Database Connection Settings] (データベース接続設定)ビューで、各フィールドに任意のデータベースの設定を入力し、[Check] (確認)をクリックします。

    レポートデータベースとStudioのバージョンが異なる場合、レポートデータベースを移行するように求めるメッセージが表示されます。

  3. [OK]をクリックしてデータベースの移行を確認し、メッセージを閉じます。

    オペレーションの進行状況を表す情報バーが表示され、続いてデータベースのアップグレードを確認するメッセージが表示されます。

  4. [OK]をクリックして、確認のメッセージを閉じます。

    現在のStudioのバージョンと一致する新しいレポートデータベースが作成されます。

  5. [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの[DB Connections] (DB接続)ノードの中から、定義したMySQLまたはOracle接続を右クリックし、[Reload database list] (データベースリストのリロード)を選択します。

    これにより、[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの接続リストに新しいレポートデータベースが表示されます。定義されたデータベースに生成された現在のレポートが保存されます。

    注: 現在のStudioに多くのレポートをインポートした場合は、一連のレポートに対して一括データベースアップグレードを行うことにより、時間を節約することができます。詳細は、一連のレポートのデータベースの移行を参照して下さい。