MapReduce ジョブの作成 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

MapReduceジョブを初めて作成する場合は、 統合 パースペクティブの[Repository] (リポジトリー)ツリービューにある[Job Designs] (ジョブデザイン)ノードから始めます。

手順

  1. [Job Designs] (ジョブデザイン)ノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Create Big Data Batch Job] (ビッグデータバッチジョブの作成)を選択します。
    [New Big Data Batch Job] (新しいビッグデータバッチジョブ)ウィザードが表示されます。
  2. [Framework] (フレームワーク)ドロップダウンリストから[MapReduce]を選択します。
  3. [Name] (名前)、[Purpose] (目的)、[Description] (説明)フィールドにそれぞれ情報を入力します。ジョブの名前は必須です。
    入力が終わると[Finish] (終了)ボタンが有効になります。
  4. ジョブのバージョンを変更する必要がある場合は、[Version] (バージョン)フィールドの横にある[M]および[m]ボタンをクリックして変更を行います。
    ジョブのステータスを変更する必要がある場合は、[Status] (ステータス)フィールドのドロップダウンリストから選択します。
    変更不可能なフィールドの情報を編集する必要がある場合は、メニューバーで[File] (ファイル)> [Edit Project properties] (プロジェクトプロパティの編集)の順に選択して[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスを開き、必要な変更を行います。
  5. [Finish] (終了)をクリックしてウィザードを閉じ、変更を有効にします。
    Studioのワークスペースに空のジョブが開き、MapReduceで利用可能なコンポーネントが[Palette] (パレット)に表示されます。
    注:

    Studioの表示は、使用するライセンスによって上記の図と異なる場合があります。

タスクの結果

[Repository] (リポジトリー)ツリービューに、この新しいMapReduceジョブが[Job Designs] (ジョブデザイン)の下の[MapReduce Jobs] (MapReduceジョブ)ノードの下に自動的に表示されます。MapReduce以外のジョブは、[MapReduce Jobs] (MapReduceジョブ)ノードと同列の[Standard Jobs] (標準ジョブ)ノードの下にグループ化されます。

使用するコンポーネントを[Palette] (パレット)からワークスペースにドロップし、標準ジョブと同様の方法でリンクや設定を行ってMapReduceジョブをデザインします。MapReduceジョブの作成時に使用できるコンポーネントは、MapReduceのコンポーネントのみです

MapReduceジョブのデザインには、MapReduceバージョンのコンポーネントのみが使用でき、tMapなどの変換コンポーネントが少なくとも1つ必要です。

標準ジョブをデザインする方法の詳細は、ジョブデザインとは?を参照して下さい。

その後、追加のMapReduceジョブを作成する場合は、ここで説明した手順を[MapReduce Jobs] (MapReduceジョブ)ノードから繰り返します。

ジョブスクリプトビューにジョブスクリプトを書き込み、ジョブを生成することで、これらのタイプのジョブを作成することも可能です。ジョブスクリプトの使い方の詳細は、https://help.talend.com/で『Talendジョブスクリプトリファレンス』を参照して下さい。