カスタムコンポーネント - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

カスタムコンポーネントのビルドに新しいフレームワークが利用できます。新しいフレームワークは、このバージョン以降では使用が必須となっています。Designing a componentを参照して下さい。

自分のStudioがSVNまたはGitに接続している場合は、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスの左にあるツリーダイアグラムに[Custom component] (カスタムコンポーネント)ノードが表示されます。ここで、外部ユーザーや自分のStudioにインストールされているカスタムコンポーネントを同じプロジェクトの他のユーザーと共有できます。

手順

  1. Studioのメインウィンドウのツールバーで、をクリックするか、メニューバーで[File] (ファイル) > [Edit Project Properties] (プロジェクトプロパティの編集)の順にクリックして、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. ダイアログボックスのツリービューで[Custom component] (カスタムコンポーネント)ノードをクリックし、該当するビューをダイアログボックスの右に開きます。既に自分のStudioにユーザーコンポーネントやカスタムコンポーネントをインストールしている場合、そのコンポーネントは[Custom component] (カスタムコンポーネント)ビューの左側に表示されます。

    カスタムコンポーネントは、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスからダウンロード、またはTalend Exchangeからインポートできます。

    [Preferences] (環境設定)ダイアログボックスからユーザーコンポーネントをインストールする方法についての詳細は、ユーザーコンポーネントフォルダーを定義する方法(Talend > Components)を参照して下さい。

    外部のカスタムコンポーネントをインポートする方法についての詳細は、Talendコミュニティコンポーネントのダウンロード/アップロードを参照して下さい。

    Talend Exchangeからカスタムコンポーネントをダウンロードしてインストールする方法を説明する例が、Talendヘルプセンターに提供されています。詳細は、カスタムコンポーネントをインストールおよび更新する方法を参照して下さい。

  3. 目的のカスタムまたはユーザーコンポーネントをクリックしてボタンを有効にし、有効になったこのボタンをクリックして、選択したコンポーネントを[Shared Component] (共有コンポーネント)ビューに移動します。

    この共有を取り消すには、共有を停止するコンポーネントを[Shared Component] (共有コンポーネント)ビューで選択し、ボタンをクリックして、選択したコンポーネントを[Custom Components] (カスタムコンポーネント)ビューに移動します。

  4. [Apply] (適用)をクリックし、この移動を確定します。
  5. [OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。