ランタイムのlog4j出力レベルをカスタマイズする - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

コンポーネントでApacheログユーティリティlog4jを有効にすると、ランタイムにコンポーネント関連のログ情報を出力します。デフォルトでは、log4j設定で定義されたレベル以上のすべてのログメッセージが定義されたターゲットに出力されます。

ジョブの実行時のログ出力レベルは変更できます。その場合、次の手順に従います。

手順

  1. [Run] (実行)ビューで[Advanced settings] (詳細設定)タブをクリックします。
  2. [log4jLevel]チェックボックスをオンにして、ドロップダウンリストから目的の出力レベルを選択します。
    このチェックボックスは、コンポーネントでlog4jが有効化されている場合にのみ表示されます。
    ログ出力レベルの詳細は、http://logging.apache.org/log4j/1.2/apidocs/org/apache/log4j/Level.htmlにあるApacheのドキュメンテーションを参照して下さい。
  3. ジョブを実行します。設定したレベル以上のすべてのログメッセージが定義されたターゲットに出力されます。

タスクの結果

コンポーネント内でlog4jを有効化する方法と、ロギング動作をグローバルに設定する方法については、Log4jの設定を参照して下さい。

log4jフィーチャーを使用できるコンポーネントの詳細は、 List of components that support the Log4j feature を参照して下さい。