Snowflakeメタデータの一元化 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

Talend Studioの提供するSnowflakeメタデータウィザードを使用すれば、Snowflakeへの接続をすばやくセットアップし、目的のテーブルのスキーマを取得することができます。

注: Snowflakeメタデータウィザードは、現在はSnowflakeビューの処理をサポートしていません。

手順

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)ノードを展開し、[Snowflake]ツリーノードを右クリックしてコンテキストメニューから[Create Snowflake] (Snowflakeの作成)を選択し、[Snowflake]ウィザードを開きます。
  2. [Snowflake Connection Settings] (Snowflake接続設定)ダイアログボックスで、次のテーブルにリストされているプロパティに値を指定します。
    プロパティ 説明

    名前

    作成する接続の名前を入力します。

    [Account] (アカウント)

    Snowflakeによって割り当てられたアカウント名を入力します。

    [User Id] (ユーザーID)

    SnowflakeのLOGIN_NAMEパラメーターを使用して、Snowflake内で定義されたログイン名を入力します。詳細は、Snowflakeシステムの管理者にお尋ね下さい。

    [Password] (パスワード)

    ユーザーIDに関連付けられたパスワードを入力します。

    [Warehouse] (ウェアハウス)

    使用するSnowflakeウェアハウスの名前を入力します。この名前では大文字と小文字が区別され、Snowflakeでは通常は大文字です。

    [Schema] (スキーマ)

    使用するデータベーススキーマの名前を入力します。この名前では大文字と小文字が区別され、Snowflakeでは通常は大文字です。

    [Database] (データベース)

    使用するSnowflakeデータベースの名前を入力します。この名前では大文字と小文字が区別され、Snowflakeでは通常は大文字です。

  3. [Advanced...] (詳細...)をクリックし、[Snowflake Advanced Connection Settings] (Snowflakeの詳細接続設定)ダイアログボックスが表示されたら、次のテーブルにリストされている詳細プロパティを指定するか、または値を更新し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    プロパティ 説明

    [Login Timeout] (ログインタイムアウト)

    Snowflakeに接続するときにレスポンスを待機する(エラーが返されるまでの)時間を指定します。

    [Tracing] (トレース中)

    Snowflake JDBCドライバーのログレベルを選択します。有効に設定すると、標準のJavaログが生成されます。

    [Role] (ロール)

    Snowflakeセッションの開始に使用するデフォルトのアクセス制御ロールを入力します。

    このロールは既に存在していなければならず、Snowflakeへの接続に使用するユーザーIDに付与されている必要があります。このフィールドを空のままにしておくと、PUBLICロールが自動的に付与されます。Snowflakeのアクセス制御モデルの詳細は、「Understanding the Access Control Model」でSnowflakeのドキュメンテーションを参照して下さい。

  4. [Test connection] (接続のテスト)をクリックして設定を確認します。
    入力した接続情報が正しければ、接続に成功したことを示すダイアログボックスが表示されます。[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。[Next] (次へ)ボタンが使用できる状態になります。
  5. [Next] (次へ)をクリックして次の手順に進み、目的のテーブルを選択します。
  6. スキーマを取得するテーブルを選択し、[Finish] (終了)をクリックします。
    新しく作成したSnowflake接続が、[Repository] (リポジトリ)ツリービュー内の[Snowflake]ノードの下に、目的のテーブルのスキーマと共に表示されます。
    これで、作成したSnowflake接続、または[Repository] (リポジトリ)ビューから取得したテーブルをドラッグ&ドロップするだけの操作で、Snowflakeコンポーネントをデザインワークスペースに追加し、接続またはスキーマ情報を再利用できるようになります。コンポーネントメタデータをワークスペースにドロップすることについての詳細は、一元管理されたメタデータをジョブ内で使用するを参照して下さい。Snowflakeコンポーネントの使用については、Snowflakeコンポーネントの関連ドキュメンテーションを参照して下さい。
    作成したSnowflake接続メタデータを変更するには、[Repository] (リポジトリ)ツリービューで接続ノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Edit Snowflake] (Snowflakeの編集)を選択し、メタデータセットアップウィザードを開きます。
    目的のテーブルのスキーマを編集するには、[Repository] (リポジトリ)ツリービューでテーブルノードを右クリックし、コンテキストメニューから[Edit Schema] (スキーマの編集)を選択し、スキーマの更新ウィザードを開きます。