ブランチ間のコンフリクトを解決する(Gitのみ) - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

複数のユーザーが同じプロジェクトで同時に作業している共同環境では、ブランチをプッシュ、更新、マージするときに、コンフリクトが発生する場合があります。この場合、コンフリクトを解決するかどうかを尋ねるダイアログボックスが表示されます。

コンフリクトを解決するには、次の手順に従います。

手順

  1. ダイアログボックスで[OK]をクリックし、[Git Merge] (Gitマージ)パースペクティブを開きます。
    [Git Merge] (Gitマージ)パースペクティブが開き、左側の[Conflicts Navigator] (コンフリクトナビゲーター)パネルに、コンフリクトの検出されたプロジェクトアイテムが表示されます。
  2. [Conflicts Navigator] (コンフリクトナビゲーター)パネルでコンフリクトのあるアイテムを右クリックし、コンテキストメニューから以下を選択します。
    • [Resolve in editor] (エディターで解決する): [Git Merge] (Gitマージ)パースペクティブの右側パネルにコンフリクトエディターを開く場合。詳細は、コンフリクトエディターによるコンフリクトの解決を参照して下さい。

      このオプションは、コンフリクトエディターによるコンフリクトの解決に記載されているプロジェクトアイテムにのみ使用できます。

    • [Accept mine] (自分のものを受け入れる): コンフリクトエディターを開かずに、作業ブランチの変更をすべて受け入れてアイテムのコンフリクトを解決する場合。

    • [Accept theirs] (それらのものを受け入れる): コンフリクトエディターを開かずに、他方のブランチの変更をすべて受け入れてアイテムのコンフリクトを解決する場合。

    • [Mark as resolved] (解決済みとしてマーク): アイテムのすべてのコンフリクトを解決済みとしてマークし、ブランチ間の不一致をそのまま残しておく場合。

  3. 全てのコンフリクトが解決し、解決済みとしてマークされたら、次のダイアログボックスが開いたときに[Yes] (はい)をクリックするか、[Conflicts Navigator] (コンフリクトナビゲーター)パネル上部のアイコンをクリックし、前のアクションを続行します。