一致ルールをリポジトリーからインポートする方法 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. 一致エディターで、エディター上部の アイコンをクリックします。
  2. [Match Rule Selector] (一致ルール選択)ウィザードで、一致分析エディターにインポートして分析されたデータに使用する一致ルールを選択します。
    インポートする一致ルールが、分析されたデータに存在しないカラムで定義されている場合、ウィザードで警告メッセージが表示されます。入力カラムは後でマッチング分析エディターで定義できるので、このメッセージは無視します。
    [Simple VSR Matcher] (単純VSRマッチャ)アルゴリズムの詳細は、VSRアルゴリズムを使ったルールを参照して下さい。T-Swooshアルゴリズムの詳細は、T-Swooshアルゴリズムを使ったルールを参照して下さい。
  3. [Overwrite current Match Rule in the analysis] (分析にある現在の一致ルールを上書き)チェックボックスを選択すると、エディター内のルールがインポートするルールで置き換えられます。置換しない場合はこのチェックボックスを選択しないでください。
  4. [OK]をクリックします。
    一致ルールがインポートされ、マッチングキーとブロッキングキーまたはサバイバーシップルールが、それぞれ[Matching Key] (マッチングキー)テーブルと[Blocking Key] (ブロッキングキー)テーブルに表示されます。
  5. [Input column] (入力カラム)をクリックし、インポートされたブロッキングキーおよびマッチングキーに適用するカラムをリストから選択します。
    インポートされたキーにある入力カラムと一致するカラムが分析データに存在する場合、このカラムは[Input column] (入力カラム)で自動的に定義されるので、自分で定義する必要はありません。
    複数の条件を持つデータを分析すると、定義されたいずれかのルールに合うデータレコードが一致結果に表示されます。一致分析を実行する場合、データでOR一致操作が行われ、データレコードは最初のルールを基に評価されます。一致したレコードは、他のルールでは評価されません。