ファイルからデータをデータベーステーブルに出力する(またはその逆) - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

ファイルからデータベーステーブルに、またはデータベーステーブルからファイルにデータを書き込むジョブを作成する場合は、さまざまなテンプレートを使用できます。次の手順に従います。

手順

  1. Integrationパースペクティブの[Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Job Designs] (ジョブデザイン)を右クリックし、ドロップダウンリストから[Create job from templates] (テンプレートからジョブを作成)をクリックします。新しいジョブのメインプロパティを定義できるジョブ作成ウィザードが表示されます。
  2. [Simple Template] (簡単なテンプレート)オプションを選択し、[Next] (次へ)をクリックして、ウィザードで新しいビューを開きます。
  3. 次のフィールドに適切な情報を入力します。

    フィールド

    説明

    [Name] (名前)

    新しいジョブの名前を入力します。禁止文字を入力すると、メッセージが表示されます。

    [Purpose] (目的)

    ジョブの目的、またはジョブの使用に役立つ情報を入力します。

    [Description] (説明)

    必要に応じて、作成したジョブの説明を入力します。

    [Author] (作成者)

    [Author] (作成者)フィールドは、デフォルトで現在のユーザーログインを表示する読み取り専用フィールドです。

    [Locker] (ロック保持者)

    [Locker] (ロック保持者)フィールドは、デフォルトで現在のロックを表示する読み取り専用フィールドです。

    [Version] (バージョン)

    [Version] (バージョン)フィールドは読み取り専用です。[M]および[m]ボタンを使用して、手動でバージョンを高くすることができます。詳細は、ジョブのバージョン管理を参照して下さい。

    [Status] (ステータス)

    環境設定でジョブのステータスを定義できます。デフォルトでは、何も定義されていません。ステータスを定義するには、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定) > Talend > [Status] (ステータス)に移動します。

    [Path] (パス)

    ジョブを作成するフォルダーを選択します。

  4. ジョブの情報を入力したら、[Next] (次へ)をクリックして確定し、ウィザードで新しいビューを開きます。
  5. ジョブの作成に使用するテンプレートを選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  6. [Type Selection] (タイプ選択)エリアで、使用する出力ファイル(tFileInputDelimitedなど)をドロップダウンリストから選択します。
  7. [Main properties of the component] (コンポーネントのメインプロパティ)エリアで[...]ボタンをクリックし、使用するプロパティを持つファイルを参照します。このファイルは[Repository] (リポジトリ)ツリービューで一元化されています。続く[Detail settings] (詳細設定)エリアのフィールドには、選択されたファイルのプロパティが自動的に入力されます。必要に応じて、[Detail setting] (詳細設定)エリアでファイルパスや他のすべてのプロパティフィールドを手動で設定できます。
    その後、[Next] (次へ)をクリックして確定し、ウィザードで新しいビューを開きます。
  8. [Metadata] (メタデータ)エリアで[...]ボタンをクリックし、[Repository Content] (リポジトリコンテンツ)ダイアログボックスを開いてスキーマを選択します。さらに、ツールバーを使って手動でスキーマをインポートし、カラムを追加することもできます。その後、[Next] (次へ)をクリックして確定し、ウィザードで新しいビューを開きます。
  9. [Type Selection] (タイプ選択)エリアで、出力データベースのタイプをドロップダウンリストから選択します。
  10. [Main properties of the component] (コンポーネントのメインプロパティ)エリアで[...]ボタンをクリックし、プロパティを使用する接続を参照します。このデータベース接続は[Repository] (リポジトリ)ツリービューに一元化されています。続く[Detail settings] (詳細設定)エリアのフィールドには、選択された接続のプロパティが自動的に入力されます。必要に応じて、[Detail setting] (詳細設定)エリアでデータベースの詳細や他のすべてのプロパティフィールドを手動で設定できます。
    その後、[Finish] (終了)をクリックしてウィザードを閉じます。
    実行可能なジョブが作成され、[Repository] (リポジトリ)ツリービューの[Job Designs] (ジョブデザイン)ノードの下にリストされます。

タスクの結果

ジョブの作成後は、必要に応じてジョブのコンポーネントのプロパティを変更できます。