OracleでのCDCの設定 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

これを行うには、ソースユーザー用とパブリッシャー用にそれぞれテーブルスペースを作成し、その後、ソースユーザーを作成して変更を加えるために必要なすべての権限を付与し、パブリッシャーを作成して変更をキャプチャーしパブリッシュするために必要なすべての権限を付与します。

下の例では、$ORACLE_PATHはOracleがインストールされている場所によって異なります。ソースユーザーはsourceと呼ばれ、パブリッシャーは publisherと呼ばれます。

create tablespace SOURCE datafile '$ORACLE_PATH/oradata/Oracle/SOURCE.dbf' size 50M;
create user source
identified by source
default tablespace SOURCE 
quota unlimited on SOURCE
quota unlimited on SYSTEM
quota unlimited on SYSAUX;
grant connect, create table to source;
grant create tablespace to source;
grant unlimited tablespace to source;
grant select_catalog_role to source;
grant execute_catalog_role to source;
grant create sequence to source;
grant create session to source;
grant dba to source;
grant execute on SYS.DBMS_CDC_PUBLISH to source;
create tablespace PUBLISHER datafile '$ORACLE_PATH/oradata/Oracle/PUBLISHER.dbf' size 50M;
create user publisher
identified by publisher
default tablespace PUBLISHER
quota unlimited on PUBLISHER
quota unlimited on SYSTEM
quota unlimited on SYSAUX;

grant connect, create table to publisher;
grant create tablespace to publisher;
grant unlimited tablespace to publisher;
grant select_catalog_role to publisher;
grant execute_catalog_role to publisher;
grant create sequence to publisher;
grant create session to publisher;
grant dba to publisher;
grant execute on SYS.DBMS_CDC_PUBLISH to publisher;
execute DBMS_STREAMS_AUTH.GRANT_ADMIN_PRIVILEGE(GRANTEE=>'publisher');

パブリッシャーは、select_catalog_roleプロシージャを使用してすべてのOracleディクショナリとやり取りできます。

パブリッシャーは、execute_catalog_roleプロシージャを使用してディクショナリプロシージャを実行できます。

パブリッシャーは、SYS.DBMS_CDC_PUBLISHプロシージャを使用して1つ以上のソーステーブルで変更データをキャプチャーしパブリッシュするCDCシステムを設定できます。

手順: DBMS_STREAMS_AUTH.GRANT_ADMIN_PRIVILEGE(GRANTEE=>'publisher')は、データの複製(ストリーム)を実行するために必要な管理権限をユーザーに付与します。ユーザーは、GRANT_ADMIN_PRIVILEGEプロシージャによってデータのキャプチャーと伝播操作を実行できます。