行接続の設定 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

接続の[Component] (コンポーネント)ビューの縦に並んだタブの[Basic settings] (基本設定)に、接続で処理されるデータフローのスキーマが表示されます。スキーマは[Edit schema] (スキーマの編集)ボタンをクリックして変更できます。詳細は、ジョブ内に組み込みスキーマを設定するを参照して下さい。

縦に並んだタブの[Advanced settings] (詳細設定)では、別個のtFlowMeterコンポーネントを使うことなく、ジョブの接続を通過するデータフローを監視できます。測定情報は解析され、Talend Activity Monitoring Console(Talendのサブスクリプション製品で入手可能)などの監視ツールに表示されます。Talend Activity Monitoring Consoleの詳細は、『Talend Activity Monitoring Console User Guide』を参照して下さい。

接続でデータを監視するには、縦に並んだタブの[Advanced settings] (詳細設定)で次のように設定します。

手順

  1. [Monitor this connection] (この接続を監視)チェックボックスをオンにします。
  2. [Mode] (モード)リストで、接続を通過する実際の行数をログに記録する場合は[Absolute] (絶対)を選択し、この接続を通過する行数と参照接続の行数の比率(%)をログに記録する場合は[Relative] (相対)を選択します。[Relative] (相対)を選択した場合は、[Connections List] (接続リスト)から参照接続を選択する必要があります。
  3. [+]ボタンをクリックし、[Thresholds] (しきい値)テーブルに行を追加して、ログに記録する行数の範囲を定義します。

タスクの結果

フローメトリックの詳細は、 tFlowMeterCatcher および『Talend Activity Monitoring Console User Guide』を参照して下さい。