リポジトリーアイテムの更新を処理する - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

たとえば、[Repository] (リポジトリ)ツリービューに一元化されているメタデータ、コンテキスト、またはジョブレットパラメーターは、データベース接続またはコンテキストグループ詳細を更新するためにいつでも更新できます。

[Repository] (リポジトリ)ツリービューのエントリのパラメーターのどれかを変更すると、このリポジトリを使用するすべてのジョブはこの変更の影響を受けます。システムがこのリポジトリーエントリーを使用する全てのジョブに変更を伝播するように促すのはこのためです。

以下のときに[Update Detection] (更新検出)ダイアログボックスが表示され、影響を受けるジョブを更新することができます。

  • ジョブで使用されている一元管理されたリポジトリエントリを変更し、自動的に表示される[Modification] (変更)ダイアログボックスで[Yes] (はい)をクリックしたとき。
  • ジョブで使用されている変更されたリポジトリーエントリーの右クリックメニューから[Detect Dependencies] (依存性の検出)を選択したか、またはジョブで使用されている一元管理されたリポジトリーエントリーを変更した後にツールバーのアイコンをクリックしたとき。

影響を受けるジョブの更新については、影響を受けるジョブを自動的に更新するおよび影響を受けるジョブを手動で更新するを参照して下さい。

Talend Studioでは、リポジトリーアイテムに対する高度な分析機能として、影響分析およびデータ来歴も提供します。詳細は、リポジトリーアイテムの分析を参照して下さい。

以下のセクションではリポジトリーエントリーのパラメーターの変更方法を説明し、該当エントリーを使用するジョブの全てまたは一部にこの変更を伝播させる方法について説明します。