ジョブ内にリポジトリスキーマを設定する - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

ジョブを作成する時に特定のデータベース接続やファイルを使用することが多い場合は、 Integration パースペクティブの[Repository] (リポジトリ)ツリービューにある[Metadata] (メタデータ)ノードでメタデータファイルを作成して格納すると、同じプロパティを何度も定義せずに済みます。

手順

  1. 現在のジョブにメタデータファイルを呼び戻すには、次の手順に従います。
    • [Schema] (スキーマ)リストで[Repository] (リポジトリ)を選択し、関連するメタデータファイルを選択します。
    • または、[Repository] (リポジトリ)ツリービューから、デザインワークスペースにすでにドロップしたコンポーネントにメタデータアイテムを直接ドロップします。
  2. [Edit Schema] (スキーマの編集)をクリックし、データが適切かどうか調べます。

    ジョブで使用されるリポジトリスキーマは、[Basic settings] (基本設定)ビューで編集できます。ただし、スキーマは現在のジョブで組み込みになります。

    リポジトリスキーマは部分的に使用することもできます。詳細は、ジョブ内でリポジトリスキーマを部分的に使用するを参照して下さい。

    注:

    このウィンドウでは、リポジトリに格納されているスキーマを変更することはできません。リモートに格納されているスキーマを編集するには、[Metadata] (メタデータ)ノードの下でそのスキーマを右クリックし、該当する編集オプション、つまり[Edit connection] (接続の編集)[Edit file] (ファイルの編集)をコンテキストメニューで選択します。

    関連項目:データベースメタデータの一元管理