カラム内の異常を検出するための分析を定義する - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

始める前に

Studioの Profiling パースペクティブでデータベースへの接続が少なくとも1つ設定されていること。詳細は、データベースへの接続を参照して下さい。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューで、[Data Profiling] (データプロファイリング)を展開します。
  2. フィルターフィールドで、functional dependency analysisの最初の数文字を入力して、リストから[Functional Dependency Analysis] (機能的な依存性の分析)を選択し、[Next] (次へ)をクリックします。
  3. 該当するフィールドでカラム分析のメタデータ([Purpose] (目的)[Description] (説明)[Author] (作成者))を設定し、[Next] (次へ)をクリックして次の手順に進みます。