ジョブの作成 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

手順

  1. tFixedFlowInputおよびtFileOutputDelimitedコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドロップします。
  2. [Row] (行) > [Main] (メイン)リンクを使って、tFixedFlowInputtFileOutputDelimitedに接続します。
  3. デザインワークスペースでtFixedFlowInputを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックしてtFixedFlowInputの基本設定を定義します。
  4. [Schema] (スキーマ)を[Built-In] (組み込み)に設定し、[Edit Schema] (スキーマの編集)の横にある [...]ボタンをクリックして内部変数から作成するデータ構造を記述します。このシナリオでは、スキーマは、[now] (現時点)、[firstname] (名)、および[lastname] (姓)の 3 つのカラムで構成されます。
  5. [+] ボタンをクリックして、3つのパラメーター行を追加して変数を定義します。次に[OK] をクリックしてダイアログボックスを閉じ、システムからの確認に対して変更の伝播を受け入れます。
    3つの定義されたカラムがtFixedFlowInput[Basic settings] (基本設定)ビューの[Values] (値)テーブルに表示されます。
  6. 3つの定義カラムのそれぞれの[Value] (値)セルでCtrl+Spaceを押してグローバル変数リストにアクセスし、[now] (現時点)[firstname] (名)、および[lastname] (姓)の各カラムに対して、それぞれTalendDate.getCurrentDate()、talendDatagenerator.getFirstName、およびtalendDataGenerator.getLastNameを選択します。
  7. [Number of rows] (行数)フィールドに生成する行数を入力します。
  8. デザインワークスペースでtFileOutputDelimitedを選択し、tFileOutputDelimited[Component] (コンポーネント)タブをクリックして出力ファイルまで移動し、そのパスを[File name] (ファイル名)フィールドに設定します。必要に応じて他のプロパティを定義します。

タスクの結果

F6を押してジョブを実行する場合は、設定した出力ファイルに現在の日付、名、姓字を含む3行が書き込まれます。