進展レポートの移行 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

進展レポートは、プロジェクト名、分析名、レポート名など、いくつかのディメンションを指定することで、データの進展が示されます。これらのディメンションのいずれかが異なると、Studioはデータ間の直接的なリンクを検索できません。

Studioのあるプロジェクトから新しい名前を持つ別のプロジェクトに進展レポートをインポートすると、そのレポートには古いプロジェクトのデータの進展の履歴は表示されません。プロジェクト名が変更されると、古い分析結果と新しいプロジェクトの分析結果との間でリンクは確立されません。そのため、レポートは新しいプロジェクトの新しいポイントで開始され、この新しいプロジェクトのそのポイントから先のデータの進展が示されます。

プロジェクト間の進展レポートを移行し、それらの異なるプロジェクトを通じてデータの進展を見続けるために2つのオプションが使用できます。

  • 古いプロジェクトと同じ名前を持つ新しいプロジェクトに進展レポートをインポートします。Studioを起動するときのローカルプロジェクトの作成についての詳細は、『入門ガイド』を参照して下さい。

  • あるいは、この新しいローカルプロジェクトには別の名前を使用しますが、JRXMLテンプレートをカスタマイズして、それを使用して進展レポートを実行します。