遠隔データベースのセットアップ - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

デフォルトでは、Studioはレポートと分析を内蔵のHSQLデータベースに保存します。通常は他のユーザーがアクセスできる遠隔データベースをセットアップして分析の結果を共有し、Talend DQ Portal で活用できるようにします。

Studioの Profiling パースペクティブでは、遠隔データベースを設定できます。このデータベースは、各レポートを別のデータベースに保存するように指定しない限り、デフォルトですべてのレポートと分析結果を保存する遠隔データベースとなります。詳細は、個別レポートのデータベースのセットアップを参照して下さい。

Talend DQ Portalの詳細は、『Talend DQ Portal User and Administrator Guide』を参照してください。Talend DQ Portalのインストールに関する詳細は、『 Talendインストールおよびアップグレードガイド 』を参照して下さい。

前提条件: Studioで Profiling パースペクティブを選択していること。

遠隔データベースをセットアップするには、以下のようにします:

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)の順に選択し、[Preferences] (環境設定)ウィンドウを開きます。
  2. フィルターフィールドにReportingの最初の数文字を入力して、リストから[Reporting] (レポート)を選択して、[Reporting] (レポート)ページを開きます。
  3. [DB Type] (DBタイプ)リストから、定義するデータベースの名前を選択します。
    デフォルトでは、Studioはレポートと分析結果を内蔵のHSQLデータベースに保存します。レポートと分析結果は、HSQLデータベースに保存されている状態では共有することができません。
  4. 個々の接続フィールドで、または[Url]フィールドに直接、接続パラメーターを定義します。
    [Url]フィールド内のパラメーターを変更すると、個々のフィールド内のパラメーターも自動的に変更されます。逆も同様です。
    [DB Name] (DB名)では、Talend DQ Portalのインストール時に定義したデータベース名を使用する必要があります。詳細は、『 Talendインストールおよびアップグレードガイド 』を参照して下さい。
    MySQLの場合:
    [DB Name] (DB名)フィールドに対して、次のいずれかを行います。
    • データベースに存在しないデータベース名(カタログ)を入力します。Studioは新しいカタログを作成し、分析やレポートの保存に必要なテーブルすべてを生成します。または、
    • デフォルトのデータベース名を使用します(talend_dq)。このデータベースで、すべての分析と生成されたレポートの結果にアクセスできます。
    ローカルMySQLにIPV6アドレスフォーマットを使用している場合は、論理ホスト名localhostを使用してデータベース接続を設定し、これをホストファイルのIPV6ローカルアドレス[: : 1]にマッピングします。この処理を行わないと、ポータルの起動が失敗します。
    Oracle の場合:
    • [SID][Service Name] (サービス名)、またはOCIの[Service Name] (サービス名)フィールドに既存のデータベース名を入力します。
    • [Schema] (スキーマ)フィールドに、[User] (ユーザー)フィールドで指定されたユーザーがアクセス可能なOracleスキーマを入力するか、空欄のままにしておきます。このフィールドを空欄にしておくと、定義されたユーザーのデフォルトスキーマにレポートが書き込まれます。
    PostgreSQLまたはMicrosoft SQL Serverの場合は、接続情報をデータベースに入力します。データマートを作成する場合は、PostgreSQLまたはMicrosoft SQL Serverのデフォルトスキーマのみ使用できます。
    Microsoft SQL Serverの場合、Windows認証で接続するには、[User] (ユーザー)[Password] (パスワード)のフィールドを空のままにしておきます。Microsoft SQL Serverデータベースの接続を設定するための詳細は、一部のデータベースについて必要な知識を参照して下さい。
    警告: 定義されたデータベースにレポートが書き込まれるよう、指定されたユーザーに十分なシステム権限があることを確認します。詳細は、『Talend Installation and Upgrade Guide』を参照して下さい。
  5. 対応するフィールドにデータベースへのログイン情報を入力します。
  6. 必要であれば、[Export as context] (コンテキストとしてエクスポート)をクリックし、ウィザードの手順に従ってレポートフォルダーのデータマート接続とパス、およびロゴをコンテキストとしてエクスポートします。
    [Revert Context] (コンテキストから戻す)をクリックして、接続を最初の状態に切り替えることができます。
  7. 以下のいずれかを行います:
    • [Apply to report editors...] (レポートエディターに適用...)をクリックしてリストを開き、定義されたデータマートまたはコンテキスト接続に保存するレポートを選択します。詳細は、一連のレポートのデータベースの移行を参照して下さい。
    • [Apply] (適用)をクリックしてすべての分析およびレポートの結果を定義されたベータベースに保存します。
  8. [OK]をクリックして変更を確定し、[Preferences] (環境設定)ウィンドウを閉じます。
    Studioの Profiling パースペクティブで作成された遠隔データベースのバージョンがStudioのバージョンよりも古い場合、ポップアップメッセージが表示されてデータベースをアップグレードするかどうか尋ねられます。詳細は、遠隔データベースの移行を参照して下さい。