AmbariまたはClouderaから設定を取得 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

クラスターのWEBベース管理サービスにアクセスできる場合(つまり、Hortonworksの場合はAmbari、Clouderaの場合はCloudera Manager)は、[Retrieve configuration from Ambari or Cloudera] (AmbariまたはClouderaから設定を取得)オプションを選択し、設定情報を管理サービスから直接インポートします。

この図は、設定を取得するウィザードの例を示しています。

このウィザードで次の手順に従います。

手順

  1. クレデンシャルのエリアで認証情報を入力し、使用するクラスターのWEBベース管理サービスにログインします。この例では、接続先のCloudera Managerです。
  2. 接続先の管理サービスに必要な認証システムがセットアップ済みの場合は、[Use authentication] (認証の使用)チェックボックスをオンにして関連フィールドを有効にし、TrustStoreファイルを使用してすべて入力して下さい。
    このTrustStoreファイルが手元にない場合は、クラスターの管理者にお問い合わせ下さい。
    HortonworksとClouderaはどちらも、WEBベース管理サービスを対象とするセキュリティ関連情報をそれぞれのドキュメンテーションに提供しています。ドキュメンテーションについては、それぞれのWebサイトに詳細が記されています。
  3. お使いのローカルマシンにAmbariまたはCloudera Managerへのアクセス権がある場合は、[Connect] (接続)ボタンをクリックし、StudioからAmbariまたはCloudera Managerへの接続を作成して下さい。
    あるいは、[Retrieve by Jobserver] (ジョブサーバーで取得)チェックボックスをオンにして使用するジョブサーバーを選択し、ジョブサーバーを使用してCloudera ManagerまたはAmbariから設定をフェッチします。
    このジョブサーバーはCloudera Managerに確実にアクセスできます。ジョブがそこで実行されているからです。
    このクラスター管理サービスで管理されているクラスターの名前が、[Discovered clusters] (確認されたクラスター)リストに表示されます。
  4. [Fetch] (フェッチ)ボタンをクリックし、このクラスターのサービスの設定を取得して、このウィザードにリスト表示します。
  5. 設定情報をインポートするサービスを選択します。
  6. [Finish] (終了)をクリックします。
    該当する設定情報が、[Hadoop cluster connection] (Hadoopクラスター接続)ウィザードの次の手順で自動的に入力されます。

  7. このため、デフォルト設定がカスタム設定で上書きされるように、このチェックボックスをオンにすることが重要です。

  8. [Check services] (サービスの確認)ボタンをクリックして、このウィザードで指定したネームノードおよびリソースマネージャーサービスにStudioから接続できることを確認します。
    プロセスの確認と接続状態を示すダイアログボックスが表示されます。ここで接続失敗と表示される場合、接続ウィザードで定義した接続情報を再確認して更新する必要があります。
  9. [Finish] (終了)をクリックして変更を確定します。

タスクの結果

この[Hadoop cluster connection] (Hadoopクラスター接続)ウィザードの自動入力フィールドについてさらに詳しい情報が必要な場合は、手動による接続の設定を参照して下さい。