データクオリティデモプロジェクトのインポート - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

TalendではTalend Studioにインポートできるさまざまなデモプロジェクトが用意されています。利用可能なデモは所有するライセンスに応じて異なります。また、既製ジョブ、またはプロファイリング分析も含まれている場合があります。それらは、さまざまなTalendコンポーネントの機能を理解するのに役立ちます。

データクオリティデモプロジェクトをインポートする場合:

  • デモジョブと分析を実行するために必要な入力ファイルとデータベースは、Studioの 統合 パースペクティブの[Documentation] (ドキュメンテーション)フォルダーの下にインポートされます。
  • プロファイリング分析が、 Profiling パースペクティブの[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューにインポートされます。これらの分析は、データクオリティチュートリアルの説明のとおり、最初にインストールしたデータベースとファイルで実行されます。
  • データクオリティジョブが、 統合 パースペクティブの[Repository] (リポジトリ)ツリービューにインポートされます。これらのジョブでは、たとえばデータの標準化、複製、一致などのために異なるデータクオリティコンポーネントを使用します。

    これらのジョブのほとんどは、前提条件なしに実行できます。ただし、いくつかのジョブでは、tbitutorialscifcrmの各データベースをMysql内に復元し、一部のファイルをローカルにダウンロードする必要があります。データベースとファイルは、 統合 パースペクティブの[Repository] (リポジトリ)ツリービュー内の[Documentation] (ドキュメンテーション)フォルダーに含まれています。

    注: デモジョブの一部はデータクオリティチュートリアルと共通なため、それぞれの名前の前にA、B、Cなどのアルファベットや1、2、3などの数字が付いていることもあります。これらのジョブは指定された順番に実行する必要があります。

デモプロジェクトは、Studioのログインウィンドウから別のプロジェクトとしてインポートするか、統合パースペクティブを使用して現在のプロジェクトにインポートできます。