レポートエディターからコンテキスト変数を選択または更新する - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

Profilingパースペクティブのレポートエディターの[Contexts] (コンテキスト)ビューから、次を行うことができます。
  • Studioの[Preferences] (環境設定)ウィンドウでデータマート設定をコンテキストとしてエクスポートしていない場合でも、ボタンをクリックしてStudioリポジトリからコンテキスト変数を選択できます。

  • [Contexts] (コンテキスト)ビューで、下部の[+]ボタンをクリックして、コンテキスト変数を一から定義します。

  • ビューの右上の[+]ボタンをクリックすると、レポートのコンテキストグループを設定できるダイアログボックスが開きます。

コンテキストとその変数の詳細は、コンテキストおよび変数の使用を参照して下さい。

前提条件: StudioでProfilingパースペクティブを選択していること。少なくとも1つのコンテキスト接続が作成され、Studioリポジトリに保存されていること。

レポートエディターからレポートのコンテキスト接続を変更するには、次の手順に従います。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューでレポートをダブルクリックし、レポートエディターを開きます。
    エディターで[Contexts] (コンテキスト)ビューが開いていない場合は、[Window] (ウィンドウ) > [Show View] (ビューの表示) > [Profiling] > [Contexts] (コンテキスト)の順に選択して開きます。
  2. [Contexts] (コンテキスト)ビューで、下部にあるボタンをクリックします。
    ダイアログボックスが開き、作成されてStudioリポジトリに集約されたすべてのコンテキスト変数のリストが表示されます。
  3. 現在のレポートの結果の生成に使用するコンテキスト接続のチェックボックスを選択します。
    1つ以上のコンテキスト接続を選択できます。
    Studioリポジトリからコンテキスト変数を取得するのではなく、一から定義する場合は、[Contexts] (コンテキスト)ビューの下部の[+]ボタンをクリックし、コンテキスト値を定義します。
  4. [OK]をクリックします。
    [Contexts] (コンテキスト)ビューと[Context group Settings] (コンテキストグループ設定)ビューに、選択されたコンテキスト接続の変数が一覧表示されます。
  5. [Context group Settings] (コンテキストグループ設定)テーブルのコンテキスト変数の名前を[Database Connection Settings] (データベース接続設定)ビューに書き込みます。 context.に続けて変数名を書き込みます。
  6. 必要に応じて、[Contexts] (コンテキスト)ビューで変更する値をクリックして、コンテキスト変数を変更することができます。
    それに応じてレポートエディターのコンテキスト値は変更されますが、これらの更新はリポジトリ内のコンテキストグループにはプロパゲートされません。新しいコンテキスト値を使用して現在のレポートのみを実行できます。
  7. [Database Connection Settings] (データベース接続設定)ビューで、[Check] (チェック)をクリックして、接続できることを確認します。
  8. レポートを保存し、実行します。
    レポートエディターで定義されたコンテキスト接続にレポートの結果が書き込まれます。