ダイナミックHadoopディストリビューションの設定を編集する(テクニカルプレビュー) - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

ダイナミックHadoopディストリビューションがStudioに追加されると、設定を容易に編集できるようになります。

カスタムJARファイルを必要とするカスタマイズされたHadoopディストリビューションを使用する必要がある場合や、ダイナミックHadoop設定をデバッグする必要がある場合に、これは特に有用です。

前述の内容から推察されるように、以下に説明する手順は、最新のHadoopディストリビューションをダイナミックに追加する(テクニカルプレビュー)に説明されている方法で追加されたHadoopディストリビューションにのみ該当します。

始める前に

前提条件:
  • Talendソリューションの1つとビッグデータ。

  • Studio V7.0以降であること。

  • Hadoopディストリビューションに関する知識が十分にあり、Hadoopの設定に施す変更の意味を理解できること。

手順

  1. Integrationパースペクティブで、[File] (ファイル) > [Edit project properties] (プロジェクトプロパティの編集)をクリックして[Project settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. [General] (全般)ノードを展開し、[Dynamic distribution settings] (ダイナミックディストリビューションの設定)をクリックしてビューを開きます。
  3. [Dynamic distribution setup] (ダイナミックディストリビューションの設定)ボタンをクリックしてダイナミックディストリビューション設定ウィザードを開きます。
  4. [Edit an existing dynamic configuration] (既存のダイナミック設定を編集)ラジオボタンを選択し、編集するHadoop設定を[Version] (バージョン)ドロップダウンリストから選択します。
  5. [Next] (次へ)をクリックし、選択されているHadoopディストリビューションの設定モジュールグループのリストを開きます。
  6. Studioによって生成されたディストリビューションと区別するために、カスタマイズするディストリビューションの新しい名前を[Distribution name] (ディストリビューション名)フィールドに入力します。
  7. 編集の必要なモジュールを選択し、その横にある[...]ボタンをクリックして、[Module Groups Wizard] (モジュールグループウィザード)を開きます。
  8. ディストリビューションの設定を変更するために、[Module Groups Wizard] (モジュールグループウィザード)[Add] (追加)ボタンと[Delete] (削除)ボタンを使用して、JARファイルを追加または削除します。
  9. 完了したら、[Finish] (終了)をクリックして変更を確定し、[Module Groups Wizard] (モジュールグループウィザード)を閉じます。
  10. [Finish] (終了)をもう一度クリックして[Dynamic distribution setup] (ダイナミックディストリビューションの設定)ウィザードを閉じます。

    このカスタムHadoopディストリビューションは、[Project settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスの[Dynamic distribution settings] (ダイナミックディストリビューションの設定)ビューの[Version] (バージョン)ドロップダウンリストに表示されます。

  11. [Apply] (適用)、次に[OK]をクリックして新しい設定を確定し、[Project settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスを閉じます。

タスクの結果

これで、カスタムHadoopディストリビューションに対するサポートがStudioで利用できるようになりました。