ELTの概要 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

ELT (抽出、ロード、変換)は、データベースの使用、特にデータウェアハウジングにおけるデータ操作プロセスです。従来のETL (抽出、変換、ロード)モードとは異なり、ELTでは、データは抽出され、データベースにロードされてから、使用する前にデータベース内の保存された場所で変換されます。このデータはデータセットに従って一括で移行され、変換プロセスは、データがロー形式でターゲットDBMSにロードされた後に実行されます。これにより。ネットワークにかかる負荷が軽減され、より高いスループットがもたらされます。

ただし、ELTモードは、すべての状況に最適なわけではありません。たとえば、

  • SQLがJavaほど強力でないのと同様に、使用可能なデータ変換の範囲が限定されている。

  • ELTには、SQLの調整とDBMSの調整に高度に熟練したユーザーが必要となる。

  • Talend StudioでELTを使用すると、ETLで実行可能な単一のデータ行の受け渡しまたは拒否を実行できない。行の拒否の詳細は、[Row] (行)接続を参照して下さい。

ELTのメリットとデメリットに基づいて、ELTの容易化に必要なSQLテンプレートが設計されます。