明示的Joinの使用 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio
警告:

ビッグデータのユーザーのみ:

MapReduceジョブでは、式キーは1つのマッピングコンポーネントに対して1つだけ利用可能です。異なる入力テーブルを結合するために複数の式キーを使用する必要がある場合、複数のtMapコンポーネントを1つずつ順に使用します。MapReduceジョブについては、Talend MapReduceジョブの仕組みを参照して下さい。

実際に、結合を使うと、別のテーブルのデータに依存するテーブルのデータを選択できます。[Map Editor] (マップエディター)コンテキストでは、[Main] (メイン)テーブルおよび[Lookup] (ルックアップ)テーブルのデータを[expression keys] (式キー)上でバインドできます。この場合、テーブルの順序が大きな意味を持つことになります。

テーブルのカラム名を従属テーブルにドロップすると、この2つのテーブル間にすばやく結合関係を作成できます。このようにして、複数の入力からデータを取得し処理できます。

結合は紫色のリンクでグラフィカルに表示され、一致検索を高速化するハッシュキーとして使用されるキーが自動的に作成されます。

メインテーブルとルックアップテーブルの間の直接的な結合を作成できます。また、別のルックアップテーブルを経由してメインテーブルとルックアップテーブルをつなぐ間接的な結合も作成できます。この場合、[Lookup] (ルックアップ)テーブルの1つと[Main] (メイン)テーブルとを直接つなぐ結合が必要になります。

注: 従属テーブルから親テーブルに向かう結合[Input] (入力)エリアで作成できません。

ドラッグ&ドロップで入力された[Expression key] (式キー)フィールドは入力スキーマで編集できますが、カラム名は[Schema Editor] (スキーマエディター)パネルからのみ変更可能です。

ドラッグしたデータは新しいエントリに挿入するか、または既存のエントリと置き換えるか、または選択したすべてのデータを1つのセル内に連結することができます。

ドラッグ&ドロップの各種タイプの詳細情報は、出力設定のマッピングを参照して下さい。

注: 入力テーブルの数が非常に多い場合は、[minimize/maximize] (最小化/最大化)アイコンを使用して[Input] (入力)エリアのテーブルの大きさを縮小し、元に戻すことができます。テーブルを最小化しても2つのテーブル間の結合関係の表示は残ります。

結合を作成すると、結合フィールド名にハッシュキーが自動的に割り当てられます。2つのテーブル間の結合が削除されると、入力テーブルで表示される紫色の鍵のマークも削除されます。

関連項目:

明示的な結合に加え、絞り込んで完全一致にするか、または複数の一致を考慮するかを選択できます。最後のケースでは、最初の一致または最後の一致のみを考慮するか、すべての一致を考慮するかを選ぶことができます。