データベースカラム分析の詳細ビューへのアクセス - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

前提条件: StudioでProfilingパースペクティブを選択していること。カラム分析が定義され実行されていること。

分析するカラムの定義とインジケーターの設定およびカラム分析の確定と実行の手順で得られる分析結果のさらに詳細なビューにアクセスするには、次の手順に従います。

手順

  1. 分析エディターの下部にある[Analysis Results] (分析結果)タブをクリックし、該当するビューを開きます。
  2. そのビューで[Analysis Result] (分析結果)タブをクリックし、分析されたカラム名をクリックして、詳細な結果を開きます。
    注:

    [Analysis Results] (分析結果)ビューの表示は、[Preferences] (環境設定)ウィンドウで設定したパラメーターによって異なります。詳細は、分析エディターと分析結果の環境設定を参照して下さい。

    分析結果の詳細ビューには、分析されたカラムに関して生成されたグラフと統計結果の詳細を含むテーブルが示されます。
    以下に示すのは、分析された[email] (電子メール)カラムの[Analysis Results] (分析結果)ビューに表示されるFrequency Statistics (頻度統計)グラフとSimple Statistics (シンプル統計)グラフ、それらのグラフに付随するテーブルです。
    [Simple Statistics] (シンプル統計)のテーブルで、インジケーター値が赤色で表示された場合、カラム分析エディターでインジケーターに設定されたスレッショルドに違反していることを意味します。データのスレッショルドの詳細は、システムまたはユーザー定義インジケーターのオプション設定を参照して下さい。
    以下に示すのは、分析されたtotal_salesカラムの[Analysis Results] (分析結果)ビューに表示される指標とベンフォードの法則度数統計を表すグラフとテーブルです。
    不正会計と経費のインジケーターとして通常使用されるベンフォードの法則度数統計の詳細は、不正の検出を参照して下さい。
  3. 結果テーブルのいずれかの行を右クリックし、[View rows] (行の表示)を選択して、分析されたデータにアクセスします。
    詳細は、分析されたデータの表示とエクスポートを参照して下さい。