手順4: 変更テーブルを作成し、ソーステーブルにサブスクライブして、サブスクリプションを有効にする - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

サブスクライバがサブスクライブするテーブルを指定してから、サブスクリプションを有効にする必要があります。

手順

  1. ソーステーブルに対応するスキーマを右クリックし、[Add CDC] (CDCの追加)を選択します。[Create Subscriber and Execute SQL Script] (サブスクライバの作成とSQLスクリプトの実行)ダイアログボックスが表示されます。
    注: OracleデータベースとTalend Studioバージョン3.2以降との組み合わせの場合、CDCシステムは監視対象ソーステーブルのエイリアスを作成します。これは、変更テーブルと関連付けられているビューの作成時に、識別子の長さに起因する問題を回避するために役立ちます。設定済みのCDCシステムの場合、テーブル名は保持されます。

    options_string引数の値(たとえば、以下のダイアログボックスではtablespace users)は、使用しているデフォルトテーブルスペースになっているべきです。

  2. [Execute] (実行)をクリックして、ソーステーブルへのサブスクリプションを有効にし、その後、[Close] (閉じる)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    CDC Foundationフォルダーに、変更されたデータを保持するテーブルと関連付けられたビュースキーマが表示されます。
  3. データに加えられた変更を表示するには、Table schemas (テーブルスキーマ)フォルダーで対応するテーブルを右クリックし、[View All Changes] (すべての変更を表示)を選択して該当するダイアログボックスを開きます。

    [View All Changes] (すべての変更を表示)ダイアログボックスのTALEND_CDC_TYPEカラムにキャッチされた異なる変更が示されます。

    変更は次のようにキャッチされます: Iはデータが挿入されたこと、UNはデータが更新されたこと、Dはデータが削除されたことを示します。

    ソーステーブルのカラムとそれらの値も表示されます。
  4. [Finish] (完了)をクリックしてダイアログボックスを閉じます。