データベース接続を削除または復元する - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

データベース接続は、分析で使用されているかどうかにかかわらず、Studioのごみ箱に移動して削除できます。削除したデータベース接続を復元することもできます。

警告:

StudioのProfiling (プロファイリング)パースペクティブからデータベース接続を削除すると、Integration (統合)パースペクティブの[Metadata] (メタデータ)ノードからも自動的に削除されます。またはその逆も行われます。削除した接続は、いずれのパースペクティブでも[Recycle Bin] (ごみ箱)に移動します。

前提条件: StudioのProfiling (プロファイリング)パースペクティブでデータベース接続が作成されていること。詳細は、データベースへの接続を参照して下さい。

データベース接続を[Metadata] (メタデータ)から削除するには、次の手順に従います。

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューで、[Metadata] (メタデータ) > [DB Connections] (DB接続)の順に展開します。

  2. データベース接続を右クリックし、コンテキストメニューで[Delete] (削除)を選択します。

    これで、データベース接続が[Recycle Bin] (ごみ箱)に移動します。

    その場合でも、ごみ箱に移動したこの接続を使用する分析を実行できます。ただし、分析エディターの接続名の横に警告メッセージが表示されます。

データベース接続を[Recycle Bin] (ごみ箱)から削除するには、次の手順に従います。

  1. [Recycle Bin] (ごみ箱)のデータベース接続を右クリックし、コンテキストメニューで[Delete] (削除)を選択します。

    削除を確認するダイアログボックスが表示されます。

  2. [OK]をクリックします。

    分析で接続が使用されていない場合、Studioから削除されます。

    Studioの1つ以上の分析で接続が使用されている場合、ダイアログボックスが開き、それらの分析が表示されます。

  3. 次のいずれかの手順に従います。

    • ごみ箱からデータベース接続を削除せずにダイアログボックスを閉じるには、[OK]をクリックします。

    • [Recycle Bin] (ごみ箱)からデータベース接続を削除し、[Data Profiling](データプロファイリング)ノードから依存性のある分析をすべて削除するには、[Force to delete all the dependencies] (すべての依存性を強制的に削除する)チェックボックスを選択し、[OK]をクリックします。

ごみ箱を空にしてデータベース接続を恒久的に削除することもできます。[Recycle Bin] (ごみ箱)を空にするには、次の手順に従います。

  1. [Recycle Bin] (ごみ箱)を右クリックして[Empty recycle bin] (ごみ箱を空にする)を選択します。

    現在のStudioの分析で接続が使用されていない場合、確認のダイアログボックスが表示されます。

  2. [Yes] (はい)をクリックして、ごみ箱を空にします。

    Studioの1つ以上の分析で接続が使用されている場合、ダイアログボックスが開き、それらの分析が表示されます。

  3. ごみ箱からデータベース接続を削除せずにダイアログボックスを閉じるには、[OK]をクリックします。

データベース接続を[Recycle Bin] (ごみ箱)から復元するには、次の手順に従います。

  1. [Recycle Bin] (ごみ箱)で接続を右クリックし、[Restore] (復元)をクリックします。

    これで、データベース接続が[Metadata] (メタデータ)に戻ります。