出力ファイルのJSONメタデータの設定 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このセクションでは、出力ファイルのJSONメタデータを定義する方法を説明しています。入力ファイルのJSONメタデータの設定は、入力ファイルのJSONメタデータの設定を参照して下さい。

これで、ファイル接続または任意のスキーマを[Repository] (リポジトリ)ツリービューでドラッグして、新しいtWriteJSONFieldコンポーネントとしてデザインワークスペースにドロップするか、既存のコンポーネントにドロップしてメタデータを再利用できます。ジョブで一元管理されるメタデータの使用方法についての詳細は、一元管理されたメタデータをジョブ内で使用するおよびジョブ内にリポジトリスキーマを設定するを参照して下さい。

既存のファイル接続を変更するには、[Repository] (リポジトリ)ツリービューで接続を右クリックし、[Edit JSON] (JSONの編集)を選択して、ファイルメタデータセットアップウィザードを開きます。

既存のファイル接続に新規スキーマを追加するには、[Repository] (リポジトリ)ツリービューで接続を右クリックし、コンテキストメニューから[Retrieve Schema] (スキーマ情報の取得)を選択します。

警告:

[TAC]Talend Administration Center (手動ロック)オプションが選択された状態で、SVNまたはGit管理プロジェクトの作業を行っている場合は、接続のテーブルスキーマを取得または更新する前に、必ず、[Repository] (リポジトリ)ツリービューで接続を手動でロックして下さい。ロックしないと、接続が読み取り専用となり、ウィザードの[Finish] (終了)ボタンが機能しなくなります。プロジェクトアイテムのロックおよびロック解除と、さまざまなロックタイプの詳細は、プロジェクトアイテムでの共同作業を参照して下さい。

既存のファイルスキーマを編集するには、[Repository] (リポジトリ)ツリービューでスキーマを右クリックし、コンテキストメニューから[Edit Schema] (スキーマの編集)を選択します。