アーティファクトリポジトリーの環境設定(Talend > Nexus > Artifact repository) - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このタスクについて

ジョブをアーティファクトリポジトリーにパブリッシュするには、アーティファクトリポジトリー接続の環境設定を指定する必要があります。

手順

  1. メニューバーで、[Window] (ウィンドウ) > [Preferences] (環境設定)の順にクリックし、[Preferences] (環境設定)ダイアログボックスを開きます。
  2. ツリービューで、[Talend] > [Nexus]ノードを展開し、[Artifact repository] (アーティファクトリポジトリー)を選択します。
    • Talend StudioTalend Administration Centerに接続されている場合は、すべてのNexusアーティファクトリポジトリー設定がTalend Administration Centerから自動的に取得されます。取得した設定を使用してジョブをパブリッシュするか、独自のアーティファクトリポジトリーを設定するか、どちらかを選ぶことができます。

    • Studioがローカル接続で動作している場合は、ローカルに保存されているデフォルト設定がすべてのフィールドに自動的に入力されます。必要に応じて、アーティファクトリポジトリーの設定を変更できます。

  3. Talend Administration Centerに接続されている場合、デフォルトで、Studioはアーティファクトサーバーとのインタラクションを行うたびに最新のアーティファクトリポジトリー設定を確認します。アーティファクトリポジトリーの設定が頻繁に変更されない場合や、インターネット接続が不十分な場合などこれを無効にするには、[Always check latest settings] (常に最新の設定をチェック)の選択を解除します。
  4. Talend Administration Centerとの接続時、独自のアーティファクトリポジトリーを設定する場合、[Use customized settings] (カスタマイズした設定を使用する)オプションを選択します。
  5. 必要に応じてアーティファクトリポジトリーの設定を変更します。
    • [Nexus type] (Nexusタイプ): [NEXUS 3]または[NEXUS]を選択します。 NEXUS 3は、アーティファクトリポジトリーのデフォルトタイプとしてTalend Administration Centerとともに配信されます。

    • Nexus url: リポジトリーのロケーションURLを入力します。

    • Nexus username: リポジトリーに接続するためのユーザー名を入力します。

    • Nexus password: リポジトリーに接続するためのパスワードを入力します

    • Nexus Default Release Repo: デフォルトでアーティファクトアイテムのリリースバージョンを公開するリポジトリー名を入力します。

    • Nexus Default Snapshot Repo: デフォルトでアーティファクトアイテムのスナップショットバージョンを公開するリポジトリーの名前を入力します。

    • Nexus Default Group ID: デフォルトでアーティファクトアイテムをパブリッシュするグループの名前を入力します。

  6. [Apply] (適用)をクリックして変更を適用し、[OK]をクリックしてウィザードを閉じます。

タスクの結果

これでジョブをアーティファクトリポジトリーにパブリッシュできるようになりました。ジョブのパブリッシュ方法の詳細は、アーティファクトリポジトリーへのパブリッシュを参照して下さい。

Nexusのインストールと設定の詳細は、『TalendインストレーションガイドTalend』を参照して下さい。