出力MDMスキーマの定義 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

このセクションでは、出力MDM XMLスキーマを定義してダウンロードする方法について説明しています。入力MDM XMLスキーマを定義してダウンロードする方法については、接続のセットアップを参照して下さい。

特定のMDM接続にリンクしているエンティティに書き込む値を設定するには、次の手順に従います。

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)を展開し、エンティティ値を書き込む対象のMDM接続を右クリックします。

  2. コンテキストメニューで[Retrieve Entity] (エンティティの取得)を選択します。

    ダイアログボックスが表示されます。

  3. [Output MDM] (MDMの出力)オプションを選択して出力XMLスキーマを定義し、[Next] (次へ)をクリックして次の手順に進みます。

  4. [Entities] (エンティティ)フィールドで、値の書き込み先となるビジネスエンティティ(XMLスキーマ)を選択します。

    [Name] (名前)フィールドに名前が自動的に表示されます。

    注:

    多くの場合、スキーマの取得先となるエンティティの名前を付けますが、フィールドには自由形式でテキストを入力可能です。

  5. [Next] (次へ)をクリックして、次の手順に進みます。

    注:

    選択したエンティティの同一スキーマが[Linker Target] (リンカーターゲット)パネルで自動的に作成され、カラムがソースパネルからターゲットパネルへ自動的にマッピングされます。ウィザードにより、アイテムIDがルーピングエレメントとして自動的に定義されます。別のエレメントでループするように選択することも可能です。

    ここでは、XMLスキーマの定義で有効にするパラメーターを設定できます。

  6. [Schema Management] (スキーマ管理)をクリックし、ダイアログボックスを表示します。

  7. 必要な変更を加え、選択したエンティティに書き込むXMLスキーマを定義します。

    [Linker Source] (リンカーソース) スキーマは[Linker Target] (リンカーターゲット)スキーマに対応している(つまり、値の書き込み先のエレメントを定義している)必要があります。

  8. [OK]をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

    定義したスキーマが[Schema list] (スキーマリスト)の下に表示されます。

  9. [Linker Target] (リンカーターゲット)エリアで、ループエレメントとして定義するエレメントを右クリックし、[Set As Loop Element] (ループエレメントとして設定)を選択します。これにより反復は1つ以上のノードに限定されます。

    こうすることでMDM接続を使用するtMDMOutputコンポーネントにより、異なるフィーチャーを持つアイテムごとに新しい行が作成されます。

    注:

    書き込むフィールドは、フィールドを選択し、上下の矢印を使って優先順位を設定できます。

  10. [Finish] (終了)をクリックし、変更を確定してダイアログボックスを閉じます。

    新規作成したスキーマが、[Repository] (リポジトリ)ツリービューの該当するMDM接続の下にリストされます。

作成したスキーマを変更するには、次の手順に従います。

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)Talend MDMを展開し、変更するスキーマを参照します。

  2. スキーマ名を右クリックし、コンテキストメニューで[Edit Entity] (エンティティの編集)を選択します。

    ダイアログボックスが表示されます。

  3. 必要であればスキーマを変更します。

    スキーマの名前は必要に応じて変更できます。また、スキーマパネルでスキーマの構造のカスタマイズも可能です。ツールバーを使って、スキーマにカラムを追加したり、削除や移動を行うこともできます。

  4. [Finish] (終了)をクリックして、ダイアログボックスを閉じます。

    これで、MDM出力接続(tMDMOutput)は任意のジョブにドロップできるようになりました。