離散データの分析 - 7.0

Talend Big Data Platform Studioユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

この分析では、数値データを分析することができます。この分析で作成するカラム分析では、数値データに適したインジケーターがデフォルトでカラムに割り当てられています。

離散データは特定の値のみ取ることができますが、値の数に制限はありません。連続データは離散データの反対で、定義済みの個別値に限定されず、連続する範囲にまたがる任意の値を取ることができます。

この分析では[Bin Frequency] (Bin頻度)インジケーターを使用しますが、必要に応じて連続データを離散Bin (範囲)に変換するためには、このインジケーターをさらに設定する必要があります。

前提条件: StudioのProfilingパースペクティブでデータベースへの接続が少なくとも1つ設定されていること。詳細については、データベースへの接続を参照して下さい。